■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


五感を起動させる「ブランド」

2014年12月31日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

papa_tsubasa1231

 

マセラッティのエンジンサウンドは、

バイオリンのストラディバリウスと

共通点があると言われます。

 

ハーレーダビッドソンのエンジン音も、

商標登録を試みる程の独特なものです。

 

このようなブランドのファンは、

車やバイクを直接見なくても、

ブランド固有の「音」だけで、

気配を察することが可能です。

 

Macに電源が入った時のスタート音、

インテルのサウンドロゴ、

Zippo着火時の音など、

私達の身の回りには

様々なブランドの「音」が

溢れていますね。

 

その他にも、

例えば、アルファロメオは、

助手席の下に独特の香料を染み込ませた

「フレグランスシート」を用意して、

その微かな甘い香りをオーナーに

プレゼントしています。

 

オーナーは、

次の車に乗り換える時、ついつい、

嗅ぎ慣れた香りを探してしまい、

結局、アルファロメオを選んでしまうのです。

 

このように、ブランドは、

「音」「香り」「手触り」「歯ごたえ」

「光」「色」・・・などなど、

様々な五感を刺激する要素を持ち、

ファンを離れられなくさせています。

 

人はどうして、

ある特定のブランドのファンになり、

魅了され続けていくのか。

そのプロセスを分析し、

それを体現していくことは

非常に価値が高いと感じています。

 

2015年は、

電通で学んだことの延長線上に、

もっともっとブランドを追究し、

今までお断りしていた企業コンサルも

始動しようと考えています。

 

そこで得た知見は

必ず個人ブランドにも応用出来るので、

改めて、皆さんにシェアしていきますね。

 

2014年は、

皆様に本当にお世話になりました。

 

日々の投稿をご覧頂いて、

ご意見、ご感想を頂いたことを励みに、

より良い情報発信が出来るよう

心を込めて取り組んで参りました。

 

2015年も、

更に上質な情報発信が出来るよう、

精一杯頑張りますので、

引き続き宜しくお願い致します。

 

それでは、良いお年をお迎え下さいね!

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

 

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

 

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

  • by 岩瀬 玲子

    いよいよ大晦日ですね。

    来年はどんな年になるのでしょうね。

    家族会議、参加したいですね。

    自分の家族だけでなく、同じvisionを持った仲間と、家族会議をする。

    とても素敵なご提案だと思っています。

    今年は突然の電話で失礼を致しましたが、奥様がとても明るく対応してくれて、

    嬉しかったです。

    新年には、都内へまた繰り出してみようかと思っています。

    その際に藤沢さんにお会いできたらいいのになあ・・・。

    この一年は、春から秋にかけて執筆をしていて、気持ちが落ち着かず、出版しても落ち着か

    ず(笑)、友人とも会えず、忙しくしていたように思います。

    気が付けば、また執筆しようかなと考えていたり。

    米国では、私の書籍の商品ページにBEST of 2014とありましたが、

    全然売れてません。(笑)

    自分が記念に購入したのと、どこかの誰かが二人、買ってくれただけみたいです。でも嬉し

    い!

    今度は何を書こうかと考えているところです。

    一年間ありがとうございました。

    来年も太郎君のご活躍を楽しみにしています。

    良いお年を。

    31 12月, 2014 6:19 PM




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: