■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「Stay hungry,stay foolish」を考察する

2013年12月08日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

1118_18

ジョブズ、顔小さっ!!

 

典型的な鹿児島人顔の私は、

こういう写真を見ると

頬骨を削りたくなります。涙

 

さて、スティーブジョブズが

スタンフォード大学卒業式で行った

伝説のスピーチ。

 

「Stay hungry, stay foolish」

 

という締めくくりの言葉、

とても広く愛されていますね。

 

本日はこの言葉に関して、

考察してみたいと思います。

 

彼のスピーチをまとめると、

 

1.点と点は繋がる

 

ジョブズは大学を

ドロップアウト(退学)して、

カリグラフィのクラスに

ドロップイン(寄り道)します。

 

そしてそのことが、

Macに素晴らしいフォントを

搭載することに繋がります。

 

未来に先回りして

点と点を繋げて見ることはできない。

 

でも、過去の点を振り返って

現在の点に繋げ、それを未来の点に

繋げていくことは出来る、

ということですね。

 

 

2.愛と敗北

 

ジョブズは、

自分が愛を持って創業したアップルから

一度追い出されています。

 

しかし、その不運が、

ピクサー創業に結び付きます。

 

そして、そのピクサーで

開発された映像技術は、

ジョブズ復帰後のアップルにおける

中核技術になっているのです。

 

「それは苦い薬でした。

しかし、患者には必要だったのでしょう。

アップルをクビになったことは、

自分の人生最良の出来事だったのです。」

 

という言葉が、とても印象的です。

 

 

3.死を感じて、今日を生きよ

 

ジョブズはガン宣告を受けました。

 

その時の思いとして、

 

「ほとんどの物事、外部からの期待、

自分のプライド、屈辱や挫折に対する恐怖は、

死を前にすると無力になる」。

 

と語っています。

 

死を前にした時、

後悔をするような生き方だけは

して欲しくない。

 

彼はそう伝えたかったのでしょう。

 

 

これらを鑑みると、

 

「Stay hungry, stay foolish」

 

は、

 

「飢えろ、バカでいろ。」

 

という直訳では伝わらない

もっと深い意図があると感じます。

 

それは、

 

「信じた道を突き進め!」

 

というメッセージです。

 

色んな恐怖や迷いはあります。

 

でも、信念があるのならば、

自分を信じて、真っ直ぐ走れ抜け!

 

そんな熱い思いが

込められていると思うのです。

 

さあ、ジョブズの思いを受け止めて、

共に走り続けましょう!

 

「Stay hungry, stay foolish」

 

 

 

【Ryo’s Video】

・vol.1 「コミュニケーションデザイナーになろう」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2793

・vol.2 「電通SIPSの考察」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2802

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: