■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「恋愛」と「成功」のパラドックス

2015年03月01日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

 

family0301

 

病み上がりの妻が「ハラカラ。」の

アボカドチェダーチーズバーガーを

食べたいと言うので、

テイクアウトしてきました。

 

今回の妻の症状はとても酷かったので、

美味しいお食事を

お腹いっぱい食べられるのが

本当に幸せなことだと感じます。

 

ご心配をお掛けした皆様、

申し訳ございませんでした!

 

さて、私から学んで頂いている方が、

 

「成功するまでは恋人を作りません!」

 

とおっしゃっていました。

 

あなたは、この発言をどう思いますか?

 

大きな成果を出すためには、

あらゆる欲を断つことが

必要だと言われますね。

 

その点は、私も同意します。

 

一時的に寝食を忘れる程、

目の前のことに集中するのが

必然だと思います。

 

しかし、私は、恋愛だけは

疎かにしてはいけないと思うのです。

 

まず、恋愛によって、

あらゆる消費材が発展し、

進化していることを

忘れてはいけません。

 

例えば、

ティファニーやカルティエは、

恋人同士のプレゼントとして、

高い価値を保ち続けていますね。

 

また、携帯電話がこれだけ普及したのも、

恋人達の連絡手段として

絶対的に必要だったからでしょう。

 

良い車も、時計も、家も、

音楽も、スポーツも、何もかも、

その対象に夢中になる時に

異性を意識しないことは無いはずです。

 

このように、恋愛の力が、

経済を動かしていると知ることが

とても大切だと思うのです。

 

また、かぐや姫に求婚した男達の

貢ぎ物を見ても明らかなように、

高嶺の花を手に入れるために、

男は不可能とされる壁さえも登ります。

 

私が過去、

辛かった時代を乗り越えたのも、

 

「妻を守りたい。

 お腹の中にいる息子を

 絶対に幸せにしたい。」

 

という思いがあったからに違いありません。

 

以上のことから、

恋愛をすることこそが、

経済の流れや人の心を知ることに繋がり、

更には、情熱を心に灯せるようになるので、

成功を早めると考えているのです。

 

私のイタリア人の友人は、

会う度に、女性の話しかしません。

 

私が真面目な話をしようとしても、

すぐに女性の話題に切り替えられます。

 

でも、陽気で、前向きで、いつも笑顔なので、

私は彼のことが大好きです。

 

日本人に足りないのは、

彼のような「恋愛の力」だと、

私は本気で思っています。

 

実際に、恋愛上手なイタリア人が生み出すものは、

どれも色気に溢れていますよね。

 

プラダ、フェラガモ、フェラーリ、

アルマーニ、グッチ・・・。

 

イタリア人は、

恋愛を大切にしているからこそ、

このような色気あるモノづくりが

できるのだと思うのです。

 

ですから、

 

「成功するために、恋愛をしない。」

 

とは考えないで欲しいのです。

 

むしろ、

 

「恋愛をするからこそ、

 良い商品やサービスを生み出せる。」

 

と、発想の転換をするべきです。

 

ということで、Oさん。

 

素敵な恋愛をして、

何倍ものエネルギーで

猛ダッシュしていきましょう^^

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

 

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

 

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

  • by 岩瀬玲子

    初めて聞きました、「ハラカラ。」。

    私はアボカドが大好きです。ですが、家族は皆嫌っています。

    なので、夕飯の献立には致しません。

    ぜひ、「ハラカラ」体験、してみたい!

    レンアイに発展・・・するかもしれません。

    1 3月, 2015 9:45 PM




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: