■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


非課税贈与による「格差の再生産」

2015年02月28日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

papa_tsubasa0228

 

孫への教育資金贈与が1500万円まで

非課税になっています。

 

現状では平成27年12月31日までですが、

今年の税制改正で、平成31年3月31日まで

延長される予定です。

 

この対策による経済効果は

確かにあるでしょう。

 

しかし、国民全体にとっては

極めて不平等な政策だと考えます。

 

そもそも、

1500万円もの大金を

孫に贈与できるのは

一部の富裕層だけです。

 

富裕層の孫だけが、

非課税となった潤沢な教育資金を注がれ、

質の高い教育を受けられるようになる

ということです。

 

また、「控除から手当てへ」と考えた

民主党の政策に逆行し、現政権は

「手当てから控除へ」と動いています。

 

具体的には、

年少扶養控除を復活させ、

児童手当を削減しようということです。

 

かつての自民党政権時代に

戻していこうということですね。

 

扶養控除の減税効果は

税率の高い高額所得者ほど大きいものです。

 

つまり、

「手当てから控除へ」とすることは、

低所得者に大きな負担をさせて、

富裕層の子育て支援に重きをおくということです。

 

ピケティの格差是正論が拡大している中、

現政権は格差拡大に舵を切っているとしか

思えないのです。

 

現在の富裕層(能力の高い人)の子孫は

その資質を受け継いでいるだろうから、

そこに教育投資を集中すれば

社会全体のためになる、

と言っているかのようです。

 

私は、そうは思いません。

 

「親が金持ち」である、

いわゆる「ボンボン」の人には、

無能な人が多いことを知っているからです。

 

慶應でも、電通でも、

そのような人をたくさん見てきました。

(例外もいますが)

 

私は、自らの能力を開発し、

自分の人生を変え、そして、

社会を変えたいと願う意識の高い人にこそ、

質の高い教育を与えていくべきだと思います。

 

国がそのような方向で動かない以上、

私自身は、質の高い学びの継承を

寺子屋スタイルで小さく続けていきます。

 

いずれ、この活動が

大きな社会運動になることを願って。 

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

 

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

 

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: