■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


大増税のカラクリを暴く

2013年10月28日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

IMG_2947

あなたは、いくら税金を払っているか、
正確に把握されていますか?

日本人の大半は、

「税金が高い!」

「税金は不公平だ!」

と不満を言いながらも、
自分が支払っている税額を
正確には知らないのです。

これこそ、国の思うツボ。

サラリーマンは
税金租界に住んでいるのです。

その証拠に、
サラリーマンは、
納税者ではありません。

法の定めによると、納税者は、
そのサラリーマンの勤務先なのです。

10月下旬、ちょうど今頃、
サラリーマンの方には
年末調整の案内が
来ているはずです。

扶養親族の確認も含め、
とりまとめや各種計算は
大変な作業になります。

本来、個人がやるべき作業を、
国は会社に強制しています。

そして、会社は、ボランティアで、
社員の年末調整を
代行しているのです。

その為、配偶者の所得までも
会社に報告する羽目に
なっているのが、
サラリーマンです。

元々、戦時増税の切り札として
始まった、源泉徴収制度。

それ以来、
サラリーマンを「税痴」にして、
所得控除を廃止にする増税が
続々と続いています。

取れるところから
取れるだけ取るという状態です。

今後、このような
異常なサラリーマン税制はそのままに、
消費税率が大幅にアップされ、
国民総背番号体制が張り巡らされます。

そんながんじがらめの税体系で、
サラリーマンはいずれ、
精神までも支配されてしまうでしょう。

このまま、国のやりたいように
やらせてはいけません。

日本のサラリーマン税制は、
自立心や独立心を著しく欠き、
一方で、協調性や
長いものに巻かれることを
美徳とする大勢順応型人間を
拡大再生産してきました。

この、人間を平準化するシステムは、
これからの時代には
完全にミスマッチです。

あなたがサラリーマンであれば、
今、いくらの税金を納めているのか、
何故、その税額になっているのか、
しっかり確認して、
そこにある問題を捉えて下さい。

そして、国の大増税のカラクリを
一緒に暴いていきましょう。

 

【Ryo’s Video】

・vol.1 「コミュニケーションデザイナーになろう」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2793

・vol.2 「電通SIPSの考察」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2802

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: