■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


不公平過ぎる社会保険制度

2013年11月10日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本の社会保険料は、
同じ年収でも、
保険料が全く違うということを
ご存知ですか?

なんと、生涯で
2千万円も差が出るのです。

得られるサービスは
全く同じなのに・・・。

詳しく見てみましょう。

「健康保険」には、

・個人事業主の国民健康保険

・中小企業の協会けんぽ

・大企業の健康保険組合

・公務員の共済保険

と、様々な制度が存在しています。

健康保険は、
掛け捨ての保険です。

高い金額を払うと
高いサービスを
受けられる訳ではありません。

ですから、どう考えても、
安い方が良いのです。

例えば、
個人事業主のAさん(年収500万円)と、
奥さん(アルバイト年収120万円)が
夫婦で健康保険料と年金保険料を
支払うケースを考えましょう。

<国保保険料>

本人3万円+奥さん1万円=4万円

<国民年金保険料>

本人1.5万円+奥さん1.5万円=3万円

<合計>

7万円/月

もし、Aさんが会社を起業して、
自分が受け取る役員報酬を
10万円に設定し、
社会保険に加入すれば
保険料は次のようになります。

<協会けんぽ保険料>

本人1万円+奥さん0円=1万円

<厚生年金保険料>

本人1.5万円+奥さん0円=1.5万円

<合計>

2.5万円/月

※奥さんは扶養

どちらも、
受けられるサービスは
全く同一です。

同じ医療費で治療を受診でき、
年金は夫婦揃って
最低の国民年金を
確保することが出来るのです。

それなのに、
毎月支払う保険料が
4.5万円も違うのです。

仮に、20歳から60歳まで
保険料を掛け続けるとすると、
両者の間では、
なんと2千万円以上も
支払いに差が出るのです。

・・・どう思われますか?

社会保険制度が、
あまりにも不公平で良い加減か、
お分かり頂けたでしょうか?

日本のおかしなところ、
調べれば調べる程に
たくさんあるのです。

これからもどんどん
公開していきますね。

 

 

【Ryo’s Video】

・vol.1 「コミュニケーションデザイナーになろう」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2793

・vol.2 「電通SIPSの考察」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2802

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: