■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


ワイドショーと「認知バイアス」

2015年10月28日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

tsubasa1028

 

マスメディアは当たり前のように

「現代は少年犯罪が増えている」

「凶悪犯罪が増加の一途」などと言いますが、

これらは全くのデタラメです。

 

法務省の「犯罪白書」によると、

少年刑法犯の検挙人員は

1980年に20万人程度だったのが、

最近では10万人程度と半減しています。

 

また、殺人、強盗、強姦、

放火などの凶悪犯罪も、終戦後から

ほぼ一貫して減少しています。

 

中でも、10代の「殺人犯」は、

1960年と比べると5分の1です。

 

つまり日本は、

少年犯罪も凶悪犯罪も

着実に減少している国なのです。

 

それなのに、

マスメディアの誤報による

「認知バイアス」がかかっていて、

私達は、「日本の治安は悪化している」

と感じてしまっています。

 

これは、マスメディアの罠の一つです。

 

テレビのワイドショーを中心に、

いかに派手に、インパクトを与え、

「娯楽化」させるかという視点で

情報が発信されていることに起因します。

 

「最近、少年の凶悪犯罪が増えて

 日本の未来に恐怖を感じますね」

 

「子供が人を殺すなんて、

 昔では考えられないことですね」

 

コメンテーターは平気でウソを吐き、

それが一般社会に浸透してしまっています。

 

このような事実から、

私達は自分の「脳みそ」を

誰かに奪われないように

意識しなければいけないと学ぶべきです。

 

与えられた情報を鵜呑みにして

すぐに信じてしまうと、

人生を誰かに委ねることになります。

 

現代は、インターネットで検索をすれば

あらゆる「データ」を万人が見付けられます。

 

上記の検挙人員の数字も、

検索に掛かった時間は30秒程度です。

 

何らかの疑わしい情報に出会ったら、

常に、自分でそれを確認するように

注意しましょう。

 

もちろん、マスコミや他人のことだけではなく、

私自身の情報発信もそう捉えて下さい。

 

私は私の思考で情報を収集しているので、

やはり、「バイアス」がかかっています。

 

できるだけ、私見だけで書かずに、

読んで下さった方の「思考の余白」を

残しているつもりですが、

それでも、何かに偏った部分はあるでしょう。

 

直近だと、「お金より家族の時間」とか、

「批判は抵抗せず許すべき」などです。

 

私は、私の意見を

押し付けようとは考えていません。

あなたにも、考えて欲しいと思っています。

 

あらゆる情報に接する中で、

自分なりの判断を重ねていくことが、

思考のトレーニングになると

捉えているからです。

 

あなたがもし、

ワイドショーに毒されていたら、

これからの情報化社会では命取りです。

 

目の前の情報に対して

自分でデータ収集するなどして

常に、自分なりの見解を持つように

心掛けて下さいね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: