■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「AbemaTV」の挑戦、「有料化」の行方

2017年03月31日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

サイバーエージェントとテレビ朝日が共同で

展開している「AbemaTV」が、1周年を迎え、

新たな挑戦をします。

 

月額960円でオンデマンド見放題の

Abemaビデオ」をスタートさせ、

「無料」から「有料」へ、舵を切っていくのです。

 

アプリダウンロードが1500万を突破したばかりで

絶好調だと思われていた「AbemaTV」は、

サイバーエージェント藤田社長も自ら、

 

「マスメディアを目指す」

 

と語っていたので、予想外の路線変更です。

 

私は昨年、「AbemaTV」に出演させていただき、

その制作現場の環境の素晴らしさに驚きました。

 

「インターネットの番組」とは思えない程の豪華さで、

出演者も、機材も、スタジオも、テレビそのものでしたし、

楽屋もご手配いただき、お弁当までご用意くださり、

さらに、自宅までのタクシーまで出してくださったのです。

 

テレビ朝日と組んでいるので、

当然とも言えるかもしれませんが、

テレビ局でも、経費削減であそこまでしないことが多い中、

AbemaTV」の意気込みに、いよいよ、

放送事業が変わっていくと感じていました。

 

また、視聴者としても、無料で、

これだけ質の高い番組を楽しめることに、

時代の変化を予感していましたし、現在も、

スマホの「AbemaTV」で「MTV」を流しながら、

PCでこの記事を書いています。

(ちなみに、今は「JUSTIN BIEBER」です^^)

 

ところが、来月4月から、

AbemaTV」オリジナル番組70のうち、

50以上の打ち切りが決まっているそうで、

本格的に、「Abemaビデオ」に軸足を置く意識が

垣間見え、個人的には、残念に思っています。

 

もし、本格的に有料化していくならば、

すでにスタートしているNetflixHuluなど、

他社の有料サービスと同じになってしまいます。

 

ネット上の新しい「マスメディア」を目指すことに賛同し、

テレビ朝日も力を入れてきたのでしょうから、

この方針転換がどんな未来につながるのか、

注視していきたいと思います。

 

なお、私自身が有料で選び続けているのは、

WOWOW」と「ニコ動(YOSHIKIチャンネル)」だけです。

 

Netflixも、Huluも、TSUTAYA onlineも試しましたが、

自分が望むコンテンツが少なかったので、、、

 

テレビの「無料」に慣れている日本人相手は特に、

「有料化」のマーケティングがとても難しいと感じています。

 

一方で、

このまま無料の「AbemaTV」拡大路線を貫いても、

2ちゃんねる」創設者の西村博之氏が言う通り、

テレビで100万人に映像を届けるコストと、

インターネットで100万人に同時に届けるコストだと、

現段階では、後者が圧倒的に大きいのも課題です。

 

「ネットは、ニッチに課金するのが正解」

 

と感じたのか、別の狙いがあるのか、

藤田社長の次の一手に注目しています。

 

追伸;

 

本日は、11ヶ月を迎えた娘の狂喜乱舞、3枚連写です!w

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: