■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「会社」より「自分の人生」に、責任感を

2020年08月16日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

最近の若者は、会社への忠誠心に欠けていて、

「無責任」だと言う方がいらっしゃいますが、

私は、違う見方をしています。

 

実際には、若者の感覚こそが正しく、

「会社」よりも、「自分の人生」に

強い責任感を持っているのだと思うのです。

 

だからと言って、私は、

「企業戦士」をバカにしている訳ではありません。

 

会社に人生を捧げてきた先人達が、

高度経済成長を導いてくださって、

現在の豊かな日本を創ってくださったことに、

心から感謝しています。

 

しかしながら、時代は変わり、現代は、

 

「企業戦士になることが幸せではない」

 

と、誰もが気付いています。

 

それでも、未だに高度経済成長の

ファンタジーを追い掛け続け、

それを下の世代に押し付ける年輩の方が多い中で、

世代間の大きなギャップが

浮き彫りになっているのです。

 

価値観が転換する過渡期にいる私の世代から見ると、

無責任に見える若者こそが、現代を冷静に見つめ、

的確な言動をしているように思います。

 

彼らは、自分の人生や、社会を真剣に考えて、

何が幸せかを自分なりに定義しているのです。

 

日本はずっと停滞していますが、

個人の幸福論は、こうして、少しずつ、

いや、昨今は急激に変化しています。

 

ですから、会社側は、

古い価値観で若者を染めようとせず、

むしろ、若い感覚から学ぶべきです。

 

それができない会社は、

社会を揺るがすような事件を

度々起こしていくでしょう。

 

残念ながら、すでに、

そうなり始めているように、、、

 

これからの時代に

会社が健全に発展するためには、

社員に対して、

 

「働かせてあげている」

 

ではなく、

 

「働いていただいている」

 

という姿勢であるべきです。

 

私が電通から退社したのも、

自分の人生の責任は、

自分でとらなければいけないと感じたからです。

 

長時間残業や、パワハラによって、

自分の人生の指揮を、会社や上司に奪われる人生か。

 

自分の力で自由を取り戻し、

自ら、人生をデザインしていくか。

 

大きな岐路で、私自身は、後者を選んだのです。

 

社会に大きな変化が求められる中、

私がご提供する新たなチャンスに対して

多くの方がお喜びくださり、

どんどん人生を変えてくださっていて、

大変光栄に思います。

 

社会を変える大きな一歩を踏み出し、

自分の生き様を、インターネットに刻み続けながら、

仲間と共に、自分の人生に強い責任感を持つ人で

あり続けたいと思っています。

 

追伸;

 

本日は、子ども達とお寿司です!

 

 

 

この子達のためにも、

自分の人生に責任を持って歩みます^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

http://fujisawa-ryo.com/rp_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: