■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「記録」を刻んで、より豊かな人生を

2020年07月21日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

定期的に「記録」を取ることこそが、

人生においてとても大切だと、

強く感じています。

 

たとえば、

糖質制限などのダイエットで成功する方は、

常に、糖質の数値や体重などのデータを

しっかり記録し続けていく方です。

 

見た目だけでは分からない

微妙な変化を数字で追うことによって、

食事制限の効果を倍増させていくのです。

 

株やFXなどの投資においても、

成功する方はしっかり数値を取り、

そのデータを分析し続けています。

 

私が日々、記事を書き続ける際にも、

自分が「生きた証」を、「ライフログ」として、

インターネット上に刻んでいくことを

意識しています。

 

人生(ライフ)の記録(ログ)として、

ブログ、Facebook、YouTube、メルマガ等を

活用させていただいているのです。

 

その時点の自分自身をしっかり見つめ、

より豊かな人生を志して自分を高めることで、

少しずつ成長していると感じています。

 

自分の人生を客観的に描写して、

こうして再体験していく記録が、

自分自身を大いに成長させる

貴重な道具になるのです。

 

つまり、定期的に、

「理想」と「現実」の差異をマネジメントしながら、

目指す方向へ軌道修正していくということですね。

 

私は、毎日の情報発信(=ライフログ)の中で、

日常の中で気付く「感動」や「喜び」、

そして、自分が覚えた「違和感」などを、

文章、写真、音声、動画を活用し、

インターネット上に残します。

 

そして、そうすることで、

現在の自分の立ち位置を確認するのです。

 

自分の行動は正しかったか、

もっと良い判断ができたのではないか、

心は乱れていないかなどを、定点観測します。

 

スマートフォン1台さえあれば、いつでも、どこでも、

ライフログを作ることが可能な時代であることも、

現代に生きる私達には最高の環境ですよね。

 

写真の整理をしながら、

 

思考の整理をしながら、

 

感情の整理をしながら、、、

 

「生きた証」を刻んでいく。

 

そして、そうしながら、

多くの方からフィードバックをいただけて、

自分を見つめ直すことができる。

 

本当に幸せなことだと思います。

 

本来、自分の人生は自分だけのものであり、

他人には絶対に体験できないものです。

 

だからこそ、

私のライフログは誰かにとっての

間接的なもう一つの人生になり、また、

あなたのライフログは、

私にとってもう1つの人生になります。

 

ライフログを作り上げながら、

お互いに「人生の質」を高め合うことができたなら、

それは、とても素敵なことですね。

 

追伸;

 

神村さんのお祝い会の時に、

神村さんが撮影した「記録」には、

私の「記録」とは全く違う風景がありました。

 

 

 

より自然な表情が映し出されていて、

神村さんが切り取る記録の、

その美しさを感じています。

 

さすが、GOD(神村さんの通称)さん!

 

見習わせていただきます^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

http://fujisawa-ryo.com/rp_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: