■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


仮想通貨「マイニング事業」からの撤退

2018年12月31日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

GMOに続きDMMも、マイニング事業から

撤退することが発表されました。

 

ビットコイン価格の急落に加えて、

競争が過熱したことで、採算がとれなくなり、

GMOが約「300億円」の損失、

DMMは約「30億円」の損失を

計上することになります。

 

DMM亀山会長は、

 

「打席に立ち続けて3割打てれば、

 何とか生き残れるだろう。」

 

「今後は、取引所とブロックチェーンで

 ガンバりまーす!」

 

とコメントを出されていて、この年末に、

含蓄のある学びをいただきました。

 

7割は失敗する前提で、チャレンジしている。

 

・失敗が現実となっても、ブレない。

 

・早期に損切りして、体力を残す。

 

・常に明るく、未来に向かって進み続ける。

 

先輩起業家の成功からも多くのことを学べますが、

失敗からの学びは、偉大です。

 

どんなに優れた経営者でも、

必ず、失敗をしています。

 

100%、すべての事業で成功し続ける方など、

いらっしゃらないのです。

 

しかしながら、個人ビジネスや投資の中では、

1つや2つ、あるいは、1ヶ月、2ヶ月、

期待した成果が出なかっただけで、

挑戦を止めてしまう方が多くいらっしゃいます。

 

私自身が、自分が望む収入や

自由な時間を実現できたのは、

 

「諦めずに継続したから」

 

ということに

集約されると考えています。

 

もちろん、ビジネスや投資において、

必要なスキルを磨く努力はしてきましたが、

私よりも能力が高く、スキルも高い方は、

たくさんいらっしゃいます。

 

しかしながら、それでも断念してしまう方が、

少なくありません。

 

現在の私の使命は、そのような方を含め、

人生を変えたいと願う皆様の背中を押し続け、

実際に、人生を変えるお手伝いをすることです。

 

その観点で見た時に、2018年の私は、

まだまだ、微力だったと思います。

 

ですから、自分の人生をより良くすることよりも、

私のもとに集まってくださる皆様の人生を

どれだけ変えられるかが、2019年の勝負だと考え、

早速、2018年中に、舵を切りました。

 

来年の年末、自分で自分を高く評価できるよう、

精一杯努力したいと思います。

 

さて、今年も、私の記事をご覧くださる

皆様のおかげで、毎日、私の思いや考えを

綴り続けることができました。

 

来年も、少しでもお役に立てるよう、

変わらず発信し続けたいと思いますので、

引き続き、ご覧くださいますと幸いです。

 

1年間、本当にありがとうございました。

 

良いお年をお迎えください!

 

追伸;

 

今年の写真を振り返って、一番印象的だったのは、

妻、息子、娘、そして、病気を乗り越えた母が、

1つ、年齢を重ねたお誕生日のお祝い写真でした。

 

2018年最後の記事には、家族のお祝い写真を、

改めてアップさせていただきます^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: