■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2014年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


元電通マンの告白20~情報は歪曲されている~

2013年10月07日
LINEで送る

※藤沢涼は今何位??

ブログランキングへ

0910_1

 

トヨタに批判的な論調の記事を、
週刊誌で見掛けることはありますか?

電通を叩くような情報が、
テレビで公開されたことはありますか?

答えは、いずれも「No」です。

メディアは、

・国

・スポンサー

・広告代理店

の力によって、
コントロールされています。

このことに気付いていない方は、
メディアリテラシーが低いと
言わざるを得ません。

しがらみだらけの現代、
メディアの裏を読む力が
重要になっています。

例えば、

「日本は破綻する!」

と言って危機感を煽り続けた上で、
先日、急に、

「2006年以来の好景気だ!」

と盛り上げられて、
さくっと消費税増税が決まりました。

マスコミから届けられる情報が、
何の目的を持っているのか、
その真相を読み解く力を持つべきです。

私が電通において
某企業の広告営業をしていた頃、
その企業の悪事が某週刊誌に
すっぱ抜かれました。

その情報を事前に聞きつけ、
部長、局長、担当役員が
慌てて出版社に乗り込みました。

後日、店頭に並んだ週刊誌には、
事前に書かれていた記事が
幻であったかのように消えて無くなり、
某企業に対するダメージは
最小限に抑えられました。

この時、その出版社と電通の交渉において、
今後の多額の広告費が保証されたことは
言うまでもありません。

このようなことは、
日常茶飯事なのです。

情報を受け身で受け取る時代は
すでに終焉を迎えています。

情報は、自ら取りに行き、
その真偽を自ら確かめるのです。

誰かに作られ、
誰かに歪められた情報に
踊らされないようにしましょう。

 

【Ryo’s Video】

・vol.1 「コミュニケーションデザイナーになろう」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2793

・vol.2 「電通SIPSの考察」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2802

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 

LINEで送る

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: