■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2023年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


国と東京が「少子化対策」発表

2023年01月04日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

 

小池都知事が、東京在住である

0歳から18歳の子どもに対して、

月5000円程度の給付を行う方針を

発表しました。

 

岸田首相も、児童手当などの強化と、

学童保育など子育て家庭への支援、

女性の働き方改革の推進という

3点の議論を開始する考えを示し、

異次元の少子化対策への挑戦を掲げました。

 

日本の少子化は加速していて、

遅きに失した感がありますが、

今からでも、徹底して取り組み、

若い命に投資をして欲しいと思います。

 

さて、税金の高い日本では、

資産を子どもにどう残すか?

という議論も、長くされています。

 

資産を贈与すれば税金が掛かり、

納めないと違法になります。

 

これは、国民としての義務ですから、

犯してはいけません。

 

しかし、合法的に税金を納めず、

資産を継承する方法があります。

 

それが、「知恵」の継承です。

 

今年の3月までは、

出産育児に関わる贈与であれば、

1000万円を上限に非課税ですから、

対象の方は上手に活用したいところです。

 

通常、私が1000万円を息子に渡したら、

息子は、その約半分である約400万円を

国に納める必要があります。

 

ところが、私が1000万円の

「生み出し方」という「知恵」を

息子に伝授した場合は、

その「贈与」には課税されません。

 

もちろん、息子が実際に

私から得た知恵によって

1000万円を得た時には、

そこに約400万円の所得税等が

課税されます。

 

「なんだ、結局同じじゃないか!」

 

と思われるかもしれませんが、

実は全く違います。

 

私が直接贈与する場合は、

 

親:-1000万円

子:+600万円

国:+400万円

 

であり、親子の資産は

「-400万円」です。

 

しかし、知恵を継承した場合には、

 

親:±0円

子:+600万円

国:+400万円

 

となり、親子の資産は

「+600万円」となるのです。

 

つまり、「知恵」の継承であれば、

合法的に、その資産に課税されずに

贈与することができるということですね。

 

「魚を与えるのではなく、

 魚の釣り方を教えよ」

 

老子の言葉の通り、

本当に大切なのは、お金ではなく、

生きていく知恵を与えることです。

 

私は、そのような観点で、

あらゆることを合法的に「無税」で、

家族や仲間に贈与していこうと考えています。

 

追伸;

 

娘がたんぽぽを拾って、

息を吹き掛け、お空に飛ばす瞬間。

 

 

日本の田舎で生活すると、

このような温かい瞬間が、

たくさん見られますね。

 

東京の少子化対策が発表されたばかりですが、

田舎への移住を、改めて視野に入れています^^

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: