■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


与えることができる喜び

2021年03月17日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

トライアスロンの練習で疲労困憊で、

今日は1日ゆっくりしたいと思うような日でも、

子ども達が満足するまで一緒に遊んであげて、

喜ぶ顔を見ると、一気に元気になります。

 

人から「与えてもらう喜び」にも感謝ですが、

人に「与えることができる喜び」は、さらに、

エネルギーを与えてくれると感じるのです。

 

与えることができることに、感謝です。

 

その一方で、私が反面教師にしているのは、

感謝や見返りを期待するような言動です。

 

「家族のことを優先したせいで、

 自分のことが全然できなかった」

 

「あの人には散々尽くしてあげたのに、

 裏切られてしまった」

 

「上司に素直に従って努力してきたのに、

 全然評価してくれなかった」

 

このような態度を見ると、

 

「見返りが前提の好意」

 

だったのだなと、

悲しい気持ちになります。

 

私自身も、若かった時は、

あらゆる人間関係を「損得」で

考えてしまうような

大変恥ずかしい時期がありました。

 

しかしながら、そのような態度では、

決して幸せにならないと知ったからこそ、

人と接する時の姿勢を変えてきました。

 

そして、育児をする中で、ビジネスをする中で、

さらに多くのことに気付かさせていただきました。

 

だからこそ、現在は、

 

「与えることができる喜び」

 

をより大切にしたいと考えていますし、

現時点でもまだまだ成長途中で、

もっともっと与えていきたいと考えています。

 

育児では、見返りなど求められないですし、

ビジネスでは、見返りを求めない方を見て、

私もそうでありたいと感じます。

 

ですから、日々、

こうして学ばせていただく周囲の方々に、

心から感謝しています。

 

人の役に立てた時は、本当に幸せです。

 

生きている喜びを感じられます。

 

だからこそ、

「自己犠牲」は自分の中で完結して、

好意は「与え損」で良いという姿勢で、

これからも人に向き合っていきたいと思います。

 

追伸;

 

妻がお出掛けして、息子が小学校のお昼、

娘と2人でパスタランチのデートをしました!

 

 

 

私が大学生の頃に良く通っていたカプリチョーザ、

久しぶりに美味しくいただきました^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆藤沢涼のスマホ在宅「月収5万円」プロジェクト

 

完全在宅で、まずは「月収5万円」を

着実に得ていきたいあなたへ。

 

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「スマホ在宅 月収5万円」

というメッセージをお送りくださいね。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: