■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「諸君、狂いたまえ。」by 吉田松陰

2016年05月22日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

tsubasa0522

 

教科書で学ぶ吉田松陰は「聖人君子」ですが、

歴史を改めて学ぶと、また違う顔が見えてきます。

 

21歳という若さで、死罪を覚悟して脱藩したり、

来航したペリーの黒船に乗り込んで牢獄に入るなど、

当時の常識では考えられないような

常軌を逸した行動を何度も繰り返しています。

 

最終的には、安政の大獄で死刑となるのですが、

彼が弟子を育てた松下村塾から、

高杉晋作、伊藤博文、久坂玄瑞など、

日本を変える逸材が生まれました。

 

世界の中で日本が歩むべき道を、

自分自身が先頭となって創り出したことで、

松下村塾の中に新しい時代の息吹が

渦巻いていったのですね。

 

吉田松陰は弟子たちに、

 

「諸君、狂いたまえ。」

 

と、強く説いています。

 

常識に縛られていては、

日本を変えることができない、

国民を救うことはできないと、

繰り返し教えているのです。

 

これは、スティーブ・ジョブズが引用した、

 

Stay hungry, stay foolish.

 

とも通じるものがありますね。

 

目の前のことに疑問を持たなければ、

会社や国の奴隷となって終わりです。

 

誰かにクレイジーだとバカにされても、

自分が信じた道を突き進むような人間で

あり続けたいですよね。

 

さて、吉田松陰を祀った「松陰神社」が、

私の自宅の近くにあります。

 

ですから、まずは息子を、そして、

外出できるようになったら娘を、

この空間に連れてきて、

常識に染まることの愚かさを教えたいと思います。

 

その上で、

明治維新の志士たちがそうしたように、

今いる場所から脱藩し、

海外も自分の目で見ることで、

視野をどんどん大きくしていけるよう、

早い時期から教育したいと思います。

 

気持ち良く晴れた青空の真下、

吉田松陰のこんな声が聞こえました。

 

「君たち親子、もっともっと、狂いたまえ!」

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: