■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


成長と衰退の「マスタリー学習曲線」

2020年09月13日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

人は、練習や経験の積み重ねで、

努力に比例して成長することを期待します。

 

ところが、実際には、

3歩進んでも、2歩下がるような「衰退」が、

必ず、現実として起こってしまいます。

 

なぜなら、仕事なら「脳」、

武道やスポーツでは「筋肉」や「神経」が

成長ステージに入っていくと、

より高度な情報処理や運動が求められ、

また、それに対応することが難しくなるからです。

 

つまり、

 

「毎日、正比例でどんどん成長」

 

という理想論ではなく、

 

「成長と衰退を繰り返しながら、

 時間を掛けて、

 じわじわと前進することを目指す」

 

という意識が必要なのです。

 

その意識で努力を続けると、時々、

一気に成長する「発展期」が訪れます。

 

そこで初めて、

急成長している自分に気が付くのです。

 

これが、ジョージ・レナードが示す

 

「マスタリーの学習曲線」

 

です。

 

このことは、学校の勉強や、仕事の能力開発など、

様々なことで、同じように見られる現象です。

 

そして、投資においても、同じです。

 

どのような投資手法でも、

資産が時間と正比例で拡大していくことは、

有り得ません。

 

バフェットやソロスのような一流の投資家でも、

損失を出す時期が、必ずあるのです。

 

しかしながら、

そこを乗り越えて継続することで、

長期的には、資産を拡大することが可能です。

 

「3歩進んで、2歩下がる」

 

がごとく、

 

「3割増えて、2割減る」

 

というように、増えたり減ったりしながら、

長期的には複利で、5倍、10倍、100倍、、、と、

資産形成することができるということです。

 

このような意識を持てば、

何かを学んだり、資産を形成することに対し、

短期的に一喜一憂することなく、力強く臨めますね。

 

追伸;

 

息子にiPhoneを買ってから、1年半。

 

「3歩進んで、2歩下がる」

 

ような時期を脱して、ついに発展期が訪れ、

今では、私よりもiPhoneマスターになっています。

(頭脳ゲームなど、本当に凄い!)

 

何事もコツコツですね!

 

本日の写真は、1年半前の

息子のiPhone購入時の3枚です^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

http://fujisawa-ryo.com/rp_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: