■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「並列脳」を磨く方法とその効能

2015年10月19日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

聖徳太子は、1度に10人の話を聞き分けた

という逸話が残っていて、この能力は

「並列脳」を駆使したと考えられています。

 

そして私は、現代においては

この力が万人に必要だと考えています。

 

情報化社会における「情報の渦」の中で

あらゆることを思考し行動するためには、

同時並列に複数のことを

脳で処理する必要があるからです。

 

元々、人間の脳は同時にたくさんのことが

できる仕組みになっています。

 

ご飯を食べながら、目の前の人と話したり、

テレビを見ながら、友人にメールをしたり、、、

このようなことは、誰もが無意識に

行っていますよね。

 

ですから、その力を伸ばしていけば、

これからの時代を強く歩んでいくことが

可能なのです。

 

それでは、どうすれば

この並列脳を鍛えることができるのか?

という方法論に関してですが、

私がお薦めするのは、「楽器」です。

 

あらゆる楽器が、

並列脳を育ててくれます。

 

例えば、ピアノは、

左手でリズムと和音、

右手でメロディーなど、

左右の手で全く別の動きをします。

 

ギターも、左手でコードを押さえ、

時にメロディーを奏でながら、

右手で弦を上下に弾いていきます。

 

ドラムは、右手でハイハット、

左手でスネアを叩きリズムを刻みながら、

複数のシンバルをランダムに叩きますし、

足で叩くバスドラムで、

バンド全体のリズムをキープします。

 

私は、ピアノも、ギターも、ドラムも、

それぞれ、楽しみながら触れてきて、

そのプロセスにおいて

並列脳を鍛えられたと考えています。

 

実は、インターネットを活用するビジネスで

大きな成果を出している方にも、

楽器に触れて来た方は多くいらっしゃいます。

 

並列脳が育っているからこそ、

ビジネスにおいても成果を出していると

言えるかもしれませんね。

 

また、スポーツも良いと思います。

 

私は、バスケットボールやテニスに

取り組んで来ましたが、いずれも、

走りながら動くボールを捉えます。

 

そのためには、

周囲をしっかり見ながら、

身体のあらゆる部位を

それぞれ別々に動かしていくので、

これも、並列脳を大いに

育ててくれたでしょう。

 

以上のように、

楽器やスポーツを楽しむことが、

情報化社会の中で強く生きていくために

とても大切です。

 

もしかしたら、

 

「もう年を重ねたから、今更遅い、、、」

 

なんて思われるかもしれません。

 

もちろん、

若い時の方が効果は大きいと思いますが、

いつから始めても、多大な価値がありますので、

是非、生活の中に取り入れて頂きたいです。

 

また、音楽も、スポーツも、

心身共に健康に導いてくれて、

人生を豊かにしてくれる効能があることも

決して見逃せません。

 

是非、積極的にトライして下さいね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: