■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「会社員兼投資家」は堅実なスタートライン

2017年09月27日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

会社員を辞めて「自由になりたい」と望む方が

取る選択肢は、大きく、以下の3つになります。

 

1.退路を断って「ビジネス」や「投資」をする

 

2.副業で「ビジネス」をスタートする

 

3.会社員兼投資家

 

1」は、とても潔い生き方に見えますし、

実際に、その崖っぷちから這い上がって

大成功している方も、少なくありません。

 

しかしながら、リスクが大変大きく、

万人にお勧めできるものだと言うことはできません。

 

2」は、副業解禁時代とは言え、

副業バレを恐れる方には、リスクがあります。

 

私は、「1」でスタートしているように見られますが、

実は、「3」から始めています。

 

会社員でありながら、

複数の不動産を持ち、損益通算で節税しながら、

家賃で生まれたキャッシュフローと

還付された税を使い、繰り上げ返済していくという

堅実な資産形成をしていました。

 

その土台があったからこそ、

ビジネスが軌道に乗るまでの空白の期間を

なんとか乗り越えられましたし、

ビジネスから大きな収入が生まれるようになったら、

それをまた不動産の債務返済に回し、

一部を完済にして、名実ともに「不労所得」を

形成することができています。

 

現在は、会社員の頃より

高い収入をいただいていますが、

会社員だった頃のように

多額のローンを抱えることは不可能です。

 

日本において、会社員であるということは、

それだけで、銀行から信用される存在ですから、

それを活かさない手は無いと考えています。

(投資先を間違えないことも大変重要)

 

そして、今年から始めている「FX」で、

私と一緒に学んでいる方の様子を見ると、

本業がとてもお忙しい方でも、

大きな成果を出していらっしゃる、

という現実があります。

 

なんと、学び始めて3ヶ月の方が、

たったの1ヶ月で、資産を倍近くまで

膨らませているのです。

 

これは、私の中でも想像以上の成果で、

FXは、部屋でパソコンに張り付かなければ

資産形成できないというイメージでした。

 

しかしながら、スマホ1台を

仕事の合間にクリックするだけで、

大きな収入を手にすることができる時代なのです。

 

振り返ってみると、すでに10年近く前から、

現在のような環境はありましたから、

私が当時から現在の先生方に出会い、

ノウハウを学んでFXを始めていれば、

もっと安心して退社できたように思います。

 

とはいえ、「不動産」も「FX」も、

中途半端な知識で投資してしまうと

大損してしまいますから、十分にご注意ください。

 

10/14FXセミナー@東京は、

お問い合わせいただいた方だけで

お席の半数以上が埋まっています。

 

詳細をご案内する前に、

満員御礼になるかもしれません。

 

ご興味ある方は是非、ご連絡くださいね!

 

追伸;

 

息子も最近少しずつ、FXのチャートが

読めるようになってきました。

 

このまま英才教育しようとも思いましたが、

まずは体力!と、ストライダーで外に出させています^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: