■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


大学時代と現在の「研究テーマ」

2019年05月27日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

私は、理工学部を卒業しているので、

実は、「研究」を得意とする人間です。

 

卒論の研究テーマは、

 

「ガソリン中整流ア-クのブラシ摩耗と

 整流子に与える影響」

 

同じ研究室にいた学生達は、

トヨタ、ホンダ、日産などに就職して、

現在は、エンジンの研究・開発などをしています。

 

同級生と同じように、私も、

車メーカーからお声掛けをいただき、

高待遇をご提示いただいていました。

 

ところが、当時、私は芸能活動もしていて、

大学で研究をすることよりも、

アイドルへの楽曲提供や、

ラジオ番組のパーソナリティなどの仕事の方が、

圧倒的に楽しいと感じていました。

 

くりぃむしちゅー(当時は「海砂利水魚」)さんを

ゲストに迎えて、渋谷で公開放送したことなど、

とても良い思い出です。

 

そのような活動をしていた私は、

研究を疎かにしてしまうことも多かったので、

芸能系にも関わることができると志望した

電通に内定をもらってからも、

ちゃんと卒業できるか、不安でした。

 

それでも、なんとか、

4年で卒業することができたのは、

一緒に研究した先輩や後輩、

そして、研究室の教授のおかげであり、

皆様に感謝しなければいけないと、

今、改めて思い出しました。

 

皆様、本当にありがとうございます!

 

さて、現在、あの時のガソリンの研究よりも、

夢中になって研究しているのが、FXです。

 

今日は、ロンドン市場も、ニューヨーク市場も、

為替市場が休場であるため、

紙にプリントしたチャートに手で線を引き、

エリオットやフィボナッチで、解析を続けています。

 

そして、気が付いたら、夜になっていました。

パソコンやスマホの方が、

もっと簡易的に分析できるのですが、

オンラインですと、複数の情報が入ってきて、

集中できなくなることも多いので、

オフラインにして、紙に向き合っています。

 

今回の研究の成果を、

コミュニティメンバーにはシェアしますので、

是非、ご期待くださいね。

 

どんな世界にも、「理論」があります。

 

車は、その理論通りに組み立てれば、

重たい車体が高速で走っていきますし、

FXは、ランダムに見える動きの中に、

規則性を見出すことができて、

そこから、収益を生むことができます。

 

大人になってから、こんなに研究に夢中になり、

そこから果実を得ることができるなんて、

本当に幸せなことです。

 

FXをマスターしたら、いつでも、どこでも、

大きな利益を生み出して、経済的な不安を

払拭することができるので、

真の「自由」を手にすることができます。

 

研究に研究を重ね、

さらに大きな果実を手にし、

皆様にもそれを分け与えられるよう、

これからも頑張っていきますね!

 

追伸;

 

昨夜も、FXの勉強会でした!

 

学び合った後のパエリア!

 

 

 

これが、本当に最高^^

 

現在の研究室の同志達に、心から感謝しています!

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: