■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「心」のあり方で、「顔」は変わっていく

2017年01月20日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

5年ぶりの引越しで荷物を整理していたら、

懐かしい写真がたくさん出てきました。

 

その中でも特に目に留まったのが、今日の一枚。

大学の友人達との卒業旅行で、

ラスベガスに行った時の写真です。

 

私は、茶髪のソフトアフロで社会に反抗しながらも、

とても寂しそうな目をしているように感じます。

 

当時は、実の父が愛人を作っていなくなった後、

虐待してきた2番目の父と母も離婚することが決まり、

私は人を信じることができなくなっていました。

 

「俺は誰のことも信じない」

 

「次何かがあったら、死んでやる」

 

そんなことを口癖にするような捻くれ者の私を、

 

「変わっているけど面白い奴だ」

 

と友人達が支えてくれて、何とか生きていました。

 

就職活動の時も、

 

「サラリーマンなんて奴隷だろ?

 俺は誰にも媚を売らない。

 そんな人生なら、死んだ方がマシだ。」

 

そんなことを言っていたことを思い出します。

 

それを良く知る彼らだから、

私が12年間も会社員を続けたことを、

「奇跡」だと言っています。

 

写真の左のA君は某商社の出世頭、

真ん中のB君は某テレビ局の敏腕プロデューサー。

 

本人達に許可をもらっていないので

目は隠させていただきましたが、

2人とも、当時から良い顔をしていたけど、

今は更に良い顔になっています。

 

仕事で成功して、

多くの部下や関係者から慕われていることが

大いなる自信になっているのだと思います。

 

私は、その後に妻と出会い、

 

「最後に、この人を信じてみよう。」

 

「結婚なんて絶対にしないと決めていたけど、

 彼女とだったら、その夢を描けるかもしれない。」

 

そう考えて、幼少から抱えたコンプレックスを、

自分自身の結婚生活で解消していくことで、

意識が変わり、顔も変わってきました。

 

起業の世界には、何らかのコンプレックスを抱え、

それを力に変えている方がたくさんいます。

 

「昔イジメられていたから、見返したい。」

 

「親に評価されなかったから、誰かに認めて欲しい。」

 

「貧しくて贅沢できなかったから、豊かになりたい。」

 

大きなコンプレックスを持つ人ほど、

そのエネルギーも大きく、いつまでも力強く歩みます。

 

私のコンプレックスも、決して小さくありません。

 

だからこそ、家庭の中で愛を育み、

それを社会に表現し続けることで、

自分の心を癒しています。

 

そして、それが誰かの希望になっていれば、

とても幸せなことです。

 

「自利」だった自分のコンプレックス解消を、

「利他」につなげられるよう、これからも努力しますね。

 

自分の顔の変化を、そして、

私に関わってくださる皆さんの顔の変化を楽しみながら。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: