■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


元電通マンの告白13~電波利権~

2013年05月03日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

翼0426.2

電通の売上の大半を占める、
テレビ広告。

そのテレビにおいて、
「電波利権」が存在することを
ご存知でしょうか。

そもそも、
電波は国の持ち物です。

どのような国にとっても、
電波は有限のものなので、
国の資産、そして、
国民の資産と言えます。

その有限な資産である
国の電波を使って、
テレビ局は莫大な広告収入を
得ている訳ですから、
それ相応の使用料を
国に納めるべきですよね。

ところが・・・。

1993年に電波利用料制度が
導入されるまで、各テレビ局は
1円も支払っていません。

タダで電波を使って、
とんでもない利益を
上げ続けてきたのです。

そして・・・。

1993年以降に
各テレビ局が支払っている
電波利用料は、驚愕の数字です。

なんと、年間で約4億円です。

日本テレビ、
TBS、
フジテレビ、
テレビ朝日、
テレビ東京、

これら東京キー局の
1兆円に及ぶような
売上高を誇る企業が、
その収益の源である
電波に対し、
小銭しか払っていません。

更に異常なのは、
そのしわ寄せが、
もう一つの電波を利用する
主力産業・携帯電話各社に
押し付けられていることです。

2013年の電波利用料740億のうち、
なんと、携帯電話各社が590億、
つまり82%も払っているのです。

全国のテレビ局とラジオ局の
電波利用料の合計は、
たったの60億。
全体の約6%に過ぎません。

テレビ局は、携帯電話の1.4倍の
周波数帯域を使っているにも関わらず、
こんな現状が許されているのです。

これは、「電波利権」以外の
何物でもないでしょう。

こんなことが、
ずっとまかり通っているのです。

それでいて、各局の社員は
堂々と高額の給与を得ています。

もちろん電通も、
その恩恵を被っています。

私は、そのまま甘い蜜を
吸い続けることは
絶対にしたくなかった。

だからこそ、
こうして日々、
問題提起していきます。

個人の情報発信が、
革命を起こせることを
信じています。

 

 

【無料】月収300万円メール講座(全30回)

⇒ http://bit.ly/13MImVc

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

  • by ニゴゴミ

    そのようなメディアが、一般大衆に向けてあたかも庶民の味方ヅラして発信しているなんて
    チャンチャラおかしいですね。
    せめて電波利用料と社員給料を適正にし、ちょっとは庶民の境遇を味わってもらいたいものです。

    6 5月, 2013 2:43 PM

    • by 藤沢 涼

      ニゴゴミさん、私の情報発信により、正しい姿に変化させられたらと思っています。
      今後も有益な情報発信を心掛けますね^^

      23 5月, 2013 5:35 PM




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: