■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


高い離婚率と家族の時間

2014年05月30日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

tsubasa_hat

 

広告・マスコミ業界の離婚率は

非常に高く、私の知人では

50%近くになります。

 

私は25-30歳の頃、

披露宴の司会をさせて頂く機会が

多くありました。

 

ですから、

数多くの広告マン、

テレビマンの夫婦の門出に

立ち会わせて頂いたのですが、

その半分が別れてしまっていて、

とても残念に思います。

 

離婚の理由はそれぞれですが、

全員に共通するのは、

 

「家族の時間の圧倒的な欠如」

 

であることは

間違いありません。

 

広告業界、マスコミ業界は

恒常的な激務で、

自宅には寝に帰るだけ・・・

 

たまの休日は

日々の疲れを取る為に

終日眠るような生活ですから、

家族間にストレスが溜まるのは

当然でしょう。

 

こんな生活では、

年収2000万円あっても、

家族の喜びに使うことは

ほとんどありません。

 

夫の帰らない

広くて無駄に豪華な家と

駐車場に置きっぱなしの

乗らない高級車に消えるのです。

 

広告・マスコミ業界に限らず、

家庭が崩壊する要因として、

家族の時間の欠如は

とても大きいと思います。

 

私は、

 

「子供と接した記憶がほとんどない」

 

と言いながら

離婚してしまった先輩を見て、

絶対にそうなりたくないと強く思い、

1日中家族と触れ合える仕事に

スイッチしました。

 

そして、その上で、

私が子供と2人で遊びに行ったり、

積極的に子供を寝かし付けたりして、

妻が1人になれる時間も

作ってあげるようにしています。

 

人生の生き甲斐は

家族の時間にこそ

感じられるものですから、

仕事と家庭のバランスを

個々人の努力で調整すべきです。

 

どれだけ

やりがいのある仕事でも、

その仕事だけの人生になっては

悲しいですね。

 

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: