■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


税と向き合う~十五三一~

2013年06月11日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

0605_2

会社員になって最初の数年間、
私は自分が納める所得税や住民税を
全く意識していませんでした。

少しずつ政治や経済を勉強する中で、
やっと、自分がいくら払っているのか、
知ることになったのです。

その額を知って驚きました。

こんなにも納めていたのかと・・・。

そこから、政治を意識し始めます。

自分が納めたお金を
政治家が何に使い、
国をどれだけ良くしているのかと。

しかし残念ながら、
そこに相応の価値を
感じられませんでした。

私は海外旅行に行く度に、
日本の治安の良さ、サービスの良さ、
食のクオリティーに感謝します。

でも、日本の政治は、
まだまだ改善の余地がある。

これは万人に共通の
思いだと思います。

そこで「税」を
コントロールする術を
学びました。

不動産投資での損益通算、
医療費控除等、
サラリーマンとして出来る
税のコントロールを実践してみたのです。

日本は、「十五三一」と揶揄されますね。

これはそれぞれの職業で
納める税金が全く違うということです。

十:サラリーマン

給与所得控除の仕組みで
源泉徴収されるので、
税のコントロールは不可。

五:自営業

多くを経費への参入が可能で
実際の所得の5割程度にしか
課税されないと言われます。

三:農業

税金面での優遇がある上に
農産物の自家消費などもあり、
実際の所得の3割程度にしか
課税されていないようです。

一:政治家

政治家だけにしか出来ない
特殊な条件があるようです。

でも今は、節税には
意識が向いていません。

たっぷり稼いで、
たっぷり納めようと。

どんどん収入を上げて
税金もたくさん納めないと、
国が大変なことになるという思いです。

その代わり、
どんどん国に提言したいと、
そのように意識改革しています。

まずは、自分の税金を知り、
その使用用途を知ること。

税と向き合うことで、
日本に生きる自分を
見詰めることになると思います。

 

 

【本日終了】
3年で7億稼いだAYUさんがメールを返信しない理由
凄い特典を必ず手に入れて下さい!

→ http://evif.net/CCk/ke1/211

 

【無料】月収300万円メール講座(全30回)

⇒ http://bit.ly/13MImVc

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: