■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


資産1151万円(去年比73万円増)に潜む「罠」

2017年11月11日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

日銀に事務局がある「金融広報中央委員会」は、

運用に回している「預金」や「株式」など、

金融資産の状況を毎年調べています。

 

その結果、2人以上の世帯の平均資産が1151万円と、

昨年より73万円増えたことが発表されました。

 

その一方で、「金融資産を保有していない」層が

31.2%となっており、過去最高になっています。

 

社会の中の「2極化」が、

改めて浮き彫りになった調査結果です。

 

この1年間を振り返ると、NYダウも、日経平均も、

それぞれ約「30%」程度の上昇をしていますし、

ビットコインは、約「10倍」になりました。

 

これらの資産を持った人は誰もが、

勝手にお金が増えた1年間だったのです。

 

私も、グローバルファンドに投資をしていて、

ビットコインを約1年前から保有していますから、

金融資産がこれまでに全く経験しなかった勢いで

拡大している真っ最中です。

 

さらに、最近取り組ませていただいている

「実物資産」を使ったトレード、

仮想通貨の関連事業などを含めると、

私の収入における投資関連のシェアが

どんどん大きくなっている現実に気付かされます。

 

もちろん、「今が旬」のものも多いので、

長期的に運用が可能なFXを含めて、

全体のポートフォリオを整理しているところです。

 

このような現況を見ると、

資金を作って投資に回す意識を持たないことは、

2極化の負け組の方に、自ら歩んでいくようなものだ

ということです。

 

短期的には「バブル」となるものも存在しますが、

正しいタイミングで売買を重ねリスクヘッジをすれば、

誰もが資産形成することが可能です。

 

ピケティの警告の通り、「r>g」であり、

この格差は、確実に拡大していきます。

 

今回の報道ではあまり取り上げられていませんが、

世帯資産の「平均値」は上がったものの、

「中央値」は、380万円(去年比20万円減)です。

 

持っている人の資産が着実に増えたので、

その平均は高くなっていますが、

本当の意味での「中央」は、

苦しくなっているのが現状なのですね。

 

投資ができる余剰資金を生み出し、

正しい金融知識で、投資をし続けていく。

 

そうすることで、2極化の「勝ち組」の方に

歩んで行きたいですね。

 

追伸;

 

私のこの1年間の資産ポートフォリオの中で、

唯一「マイナス」になっているのが、

古巣である「電通」の株です。

 

今年の春には、大半を売却しましたが、

私を育ててくれた感謝の気持ちを込めて、

まだ、一部を保有しています。

 

日本社会のためにも、早期に抜本的改革案を掲げ、

堅調な海外事業だけではなく、国内事業の収益も

改善していくことを願っています。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Apple株価最高値と、ピケティ「r > g」

2015年02月20日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

papa_tsubasa0220

 

Appleの株価は過去最高値を付け、

世界の企業で初めて、時価総額が

7000億ドルを超えました。

 

大多数の国のGDPを上回る金額を、

創業40年足らずの一企業の市場価値が

上回っているのです。

 

世界第4位の人口大国である

インドネシアのGDPをも

超えてしまっている状況です。

 

Appleの躍進は、企業努力の賜物であり、

ジョブズ亡き後も発展し続けていることは

とても素晴らしいことだと思います。

 

ただし、その一方で、

富が一部に集まり過ぎていることは

無視出来ない問題であると考えています。

 

ピケティの著書「21世紀の資本」が

これだけ話題になっているのも、

誰もが、「格差」の拡大に懸念を

持っていることの表れですよね。

 

実際に米国では、

上位10%の総所得のシェアが、

1980年には30%だったのが、

現在は50%まで高まっています。

 

日本でも、同30%が現在、

40%になっています。

下層から上層へ、大規模な所得移転が

起こっているのが現状なのです。

 

ピケティは、資本収益率(r)が

経済成長率(g)を上回る国では、

格差が拡大し続けると主張しました。

 

色々な記事で目にする、

「r > g」ですね。

そして、この格差を是正するために、

世界的に「富裕税」を導入するべきだ

と言っています。

 

日本は今年から

相続税を大きく引き上げたので、

実質的に富裕税を課したようなものですが、

若年世代に富を還元する仕組みを作らなければ、

ただの搾取です。

 

若年世代に有利な税制に再調整すべきであり、

その観点では、

消費増税も愚策であるという意見に

私は大いに賛成です。

 

現在、世界中の人々が、

ピケティをきっかけに格差を考えるのは

とても良いことだと思います。

 

ただ、

ウォール・ストリート・ジャーナル紙に、

気になる記事がありました。

 

電子書籍リーダーの履歴データを見ると、

ピケティ「21世紀の資本」の読了率は

最下位だそうです。

 

700ページの大著なのに、

平均して25ページしか読まれていません。

 

ブームに乗って手に取ったものの、

読んではいない・・・ということです。

 

日本のような人口減少社会では、

相続や家族間の富の移転が

格差拡大にさらに重要な影響を及ぼします。

 

現在のピケティブームを、

一過性のものにするのではなく、

全世代の人間が真剣に

格差問題を考えるきっかけに

していきたいですね。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

 

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

 

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料