■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「フリーエージェント社会の到来」再読!

2019年11月15日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

大量の読書を続けてきた私にとって、

衝撃を受けた1冊、ダニエル・ピンクの

 

「フリーエージェント社会の到来

 〜組織に雇われない新しい働き方〜」

 

を、改めて読んでいます。

 

「人生を変えたい!」

 

と願って、

様々なジャンルの読書を続けてきた私は、

たくさんの書籍に影響を受けました。

 

そして、その中でも、

最も刺激を受けたのが、この本です。

 

「組織に縛られずに、

 自由に生きることができるんだ!」

 

私が知らなかった社会の変化に感動して、

目の前が、一気に明るくなったことを思い出します。

 

「柔軟で好奇心を大切にする

 フリーエージェントとして生きたいなら、

 次のことから始めてみよう。

 

 大事なことは夢見ることではない。

 

 行動することである。

 

 1.自分はフリーエージェントになる、

  と外部に向けて「FA宣言」しよう

 

 2.自分のホームページをつくり、

  フリーエージェントとしてやりたいことや、

  やれることを、とにかく発信しはじめよう

 

 3.日ごろ思っていることや感じていることを

  率直に話し合える仲間を、

  働いている場所や通っている学校の外に 

  せっせとつくろう」

 

序文を読んで、

 

「私が人生を変えてきた手順の通りだ!」

 

と、感動しました。

 

私は、電通を退社して、

フリーエージェントになると決意し、

周囲の方に、そう宣言しました。

 

多くの人にバカにされましたが、

絶対に実現すると、意気込んでいました。

 

それから7年以上、ブログやFacebookを使い、

毎日、私のやりたいこと、やれることを

発信し続けてきました。

 

最後に、その記事をご覧くださり、

共感してくださった仲間と出会い、

さらに「自由」になるために、

より「大きな富」を得るために、

お互いを支え合ってきました。

 

「こうして、私は人生を変えてきたんだなあ・・・」

 

過去を振り返りながら、

改めて、感謝の思いが湧き出します。

 

この本を読んでいなければ、

私は、今のような「自由」を

勝ち取ることができなかったかもしれない。

 

本は、人生を大きく変えますよね。

 

あなたは、どんな本を読んできましたか?

 

あなたの人生を変えた一冊、ありますか?

 

もし宜しければ、お教えくださいね!

 

追伸;

 

私が電通を退社した直後、

与沢翼さんと一緒に創業した

フリーエージェントスタイルで出会った同志と再会し、

焼肉を食べました!

 

 

 

本日は、その美味しい焼肉の写真と、

「フリーエージェント社会の到来」の書籍画像を

アップしております^^

 

 

2002年当時に読んだ時は、

「黄色」の表紙でしたが、

改訂版の「ピンク色」の表紙も、

とても気に入っています!!

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: