■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2024年6月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


リピーター以外は、「批判票」だ

2023年08月20日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

どんなビジネスであっても、お客様が

1度しか購入してくださらない場合は、

いずれ、そのビジネスは破綻します。

 

同じお客様に満足していただきながら、

2度、3度とリピートしていただくことを

第一義に考えることが、そのビジネスを

長期的に発展させるのです。

 

ウォルト・ディズニーも、

 

「顧客がリピーターにならなかったら、

 それは批判票だと思え」

 

という言葉を残しています。

 

きっと、彼が亡くなった後も、

その理念がディズニーの中に生き続けて、

リピートしないお客様の心理を研究したことで、

何度も何度もリピートしたくなる夢の国が

完成していったのでしょう。

 

さて、お客様の心を掴んで離さないために、

電通の先輩でクリエイティブエージェンシー

「TUGBOAT」を設立した岡康道さんの

知恵をシェアさせていただきます。

 

彼は、クライアントに対して

ユーモア溢れる広告案をプレゼンする時は、

ピシッとしたスーツで登場しました。

 

一方で、真面目な案をプレゼンする際には、

敢えて、カジュアルな服装を選びました。

 

たとえば、笑ってもらうことが目的の

多少ふざけている作品を提案する時に、

ルーズなファッションで登場してしまったら、

クライアントは大切な商品を任せて良いか

心配になるでしょう。

 

一方で、とても真面目な案を、

かっちりとしたスーツで提案してしまうと、

堅すぎて敬遠されてしまうのです。

 

そのような微妙な心理を読み解いて、

自分自身という人間を含めた「作品」を

購入してもらえるように意識していたのです。

 

そして、そこまで考えているからこそ、

クライアントは何度も

リピートしてくれるのです。

 

提案する相手は、

ロボットではなく人間です。

 

製品やサービスが良ければOKではなく、

その届け方やアフターフォローを含めて、

お客様の心を注視したいですね。

 

万が一、お客様が

リピートしてくれなかったら、

すべての責任は自分にあると捉え、

改善点を洗い出すようにしていきましょう。

 

さて、年間パスを買っている

「アクアパーク品川」に来ました。

 


 

今回も、子ども達が

とても喜んでくれたので、

またお得な年間パスで、

継続したいと思います。

 

 

育児に最高の環境を、こんなにお安く、

提供してくださることに感謝です^^

 

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: