■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「疲れ=休め」のサインに敏感に

2016年09月08日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

tsubasa201670908

 

仕事でたまる疲れは、運動の疲れより深刻で、

心身を蝕んでいきます。

 

ところが、日本人は特に、

どれだけ疲れても頑張ることに

「美学」を感じる風潮があり、結果的に、

心身を壊してしまう方が多くいます。

 

私が会社員の時に

過労で入院してしまった時も、

 

「これで一人前だな、誰もが通る登竜門だ。」

 

などと先輩に言われ、

その命を軽視するような会社の文化に

大いなる疑念を抱きました。

 

そして、それは同時に、

 

「自分の身体は、自分で守るしかない」

 

と強く感じた瞬間でした。

 

運動による筋肉疲労はわかりやすく、

誰もが、回復するまで休むことを意識します。

 

ところが、仕事による疲労は、

根性で乗り越えられることも多く、

知らぬ間に、心身が破壊されてしまうのですね。

 

免疫力が低下してしまい、

風邪を頻繁に引くようになったり、

胃腸の調子に乱れが出たり、

集中することができなくなったり、、、

 

このような身体のアラートを無視すると、

いずれ取り返しがつかないことになり、

大病や精神疾患につながってしまうのです。

 

マッサージの世界では、

疲労とマッサージのタイミングに関して、

以下のように言われているそうです。

 

一流は、

筋肉を揉みほぐしてパフォーマンスを上げるために

スポーツをする前に、マッサージを受ける。

 

二流は、スポーツが終わってから、

その疲れを癒すために来る。

 

三流は、疲れを放置して、蓄積し、

どうしようもなくなってから慌ててやってくる。

 

仕事における疲労の解決においても、

私達は、一流でありたいですね。

 

一日中パソコンに向かったり、

スケジュールをパンパンにすることに

達成感を得るばかりでは、

心身は確実に疲弊していきます。

 

仕事のパフォーマンスを最大化するためにも、

先にリラックスタイムを設けて、

心身の疲労を癒していきたいですね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

  • by 竹澤

    私は体育会的な感じがとても苦手です。精神論が必要な時もなくはないと思いますが…。体や心が疲れた時に、ちゃんと休める環境を整えないといけませんね!

    10 9月, 2016 6:10 PM




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: