■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


サッカー界のレジェンド「稲本潤一さん」と!

2019年03月16日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

サッカー界のレジェンドと言えば、

カズ!中田!本田!釜本!など、それぞれに、

思い浮かべる方がいらっしゃるかと思います。

 

私も、複数の方が思い浮かびますが、

その中で、欠かせないお1人がいらっしゃいます。

 

1979年・鹿児島県生まれ」

 

という共通点がある、

同郷同年生まれのスター、稲本潤一さんです。

 

2002年・日韓ワールドカップの時、

当時ではかなり攻めた「金髪」でピッチに立ち、

ベルギー戦・ロシア戦で見事にゴールを決め、

日本列島を沸かせた雄姿、とても輝いていました。

 

特に、ベルギー戦の時に、

自分を人差し指で指差しながら走りまわり、

“オレオレポーズ”と話題になった映像が、

今でも、脳裏に焼き付いてる方、

多いのではないでしょうか?

 

私や妻と同世代の皆さんの間では、

当時一緒に闘った中田英寿さんとともに、

日本にサッカーの面白さ・カッコ良さを伝えた、

「歴史を変えた」方です。

 

そのような偉大な方と、

低酸素のジムでご一緒して、

ちょうど、息子も一緒に来ていたので、

3人でお話しする機会をいただきました。

 

息子の名が“つばさ”だと伝えると、

 

「つばさくんなんだ!

   じゃあ、キャプテンだね!!」

 

と気さくに、笑顔で、

コミュニケーションを取ってくれる稲本さんに、

感激しました。

 

稲本さんが大活躍された2002年当時、

私は電通に入社したばかりで、

自分の時間が持てない労働環境の中で、

人生に深く悩んでいました。

 

サッカーに詳しい友人が、

 

W杯を日韓共同開催として招致したのは、

 電通の貢献が大きいんでしょ?

 凄い会社で働いてるじゃん!」

 

などと持ち上げてくれたのですが、

私は、私個人が直接、人に影響を

与えられるような人間になりたかったのです。

 

そのような意識を持つ私にとって、

稲本さんは、眩しすぎるほどに、眩しい存在でした。

 

そして、

 

「負けていられない!」

 

「俺も何かやってやる!」

 

と、自分を鼓舞したことが、

今に繋がっていると感じます。

 

さて、稲本さんは、

私と同じ年齢なのに、息を切らさず、

凄い速さで走り続けていて、本当に驚きました。

 

現在も現役のプロとしてご活躍されている裏には、

このような努力があるということを、

改めて学ばせていただきました。

 

息子も加えた3ショット写真も、

快く撮ってくださり、心から、感謝しています。

 

 

追伸;

 

帰宅途中に、息子が、

 

「お腹が空いた!ラーメン!」

 

とおねだりしてきたので、

良い子にして待っていたご褒美として

一緒に食べに行きました。

 

 

さらに!

 

「まだお腹が一杯じゃない!ソフトクリーム!」

 

とのリクエストに応えてあげて、

次のお店では、私は、クラフトビールの飲み比べ!

 

 

運動した以上にカロリー摂取しちゃったけど、

レジェンドに会えたし、まあ良いか!笑

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: