■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


妻の「手術」当日を迎えました

2022年08月24日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

娘を出産してから、生理が来る度に、

顔面蒼白になる程の痛みに耐え兼ねて、

救急車を呼ぶこともあった妻。

 

「子宮内膜症か、

 子宮腺筋症に間違いありません」

 

「子宮の全摘出手術が必要です」

 

そう診断した医師の言葉を信じたくないと、

セカンドオピニオンを求め続けた先に、

 

「この症状は、“機能性月経困難症”です。

 子宮を全摘出しなくても、

 生理痛を軽減させる手術があります」

 

という新たな診断を、

茨城県土浦市の霞ヶ浦医療センターで

いただきました。

 

ただ、いずれにしても、

開腹手術となることから、

私はこの手術を回避する方法を

ずっと探していました。

 

私が日々綴る記事に、

経緯を含めて書き、皆様にご意見を求めたら、

たくさんの方が、断食や漢方、

アロマやサプリメントなどでの改善を

勧めてくださいました。

 

中には、とても高価なサプリメントを

プレゼントしてくださった方も

いらっしゃいました。

 

そして、手術直前まで、

別の道を探り続けましたが、

結果的に、妻の決意は固く、

もう先送りできないということで、

いよいよ、手術当日を迎えました。

 

コロナ禍なので、お見舞いは不可ですが、

全身麻酔で危険も伴う手術になるため、

家族は1人、手術当日に

立ち会うことが許可されます。

 

ですから、

その立ち会いで土浦に向かう道中で、

この記事を書いています。

 

ふと、

 

「本当に、この決断は正しかったのか?」

 

そんな思考も、脳裏をよぎります。

 

でも、時は無情にも過ぎて、

妻を手術室に連れて行く時が迫っています。

 

「絶対に大丈夫だよ!

 痛みから解放される未来が、

 きっと待ってる!」

 

そう妻にLINEしながらも、

恥ずかしながら、私の方が不安になり、

目に涙が浮かんで、スマホの文字がかすみます。

 

実に情けない夫です。

 

たくさんの励ましや応援、

その他の手段のアドバイスなどをいただいた皆様、

本当にありがとうございます。

 

こうやって記事を書くことで、

私も、覚悟が決まります。

 

いつもは、妻と2人で乗るタクシーに、

今日は1人で乗って、

子ども達や両親からのメッセージの花束と、

手術成功への願いを込めたプレゼントを持って、

いざ、病院に向かいます^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

  • by 横手

    御本人様をはじめ、御家族の皆様、不安を抱えてお過ごしでしょう。正しい選択だったと信じ、手術の成功をお祈りしています。

    25 8月, 2022 12:16 AM

    • by 藤沢 涼

      横手さん

      ありがとうございます!

      妻の手術が無事に成功して、術後も安定していることが幸せです!

      退院後も、しっかり支えていきますね^^

      27 8月, 2022 10:17 PM




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: