■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


夫婦の会話が、人生を豊かにする

2023年03月23日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

結婚が5年、10年と経つと、

夫婦の会話がどんどん減っていく、

そんな家庭が多いようです。

 

友人達からも、そのような話を

良く聞きます。

 

一方で、我が家では、

今でも妻と友達のように、

毎日、会話しています。

 

昨日のように、喧嘩寸前、

一触即発という状況もありますがw、

基本的には仲良く、

夫婦のコミュニケーションを

楽しみ続けています。

 

シカゴ大学の社会学部、

山口一男教授と、

経済産業研究所研究員の

研究結果によると、

 

「1日16分、

 夫婦の会話時間を増やすことが、

 月収10万円分の価値に相当する」

 

とのことです。

 

世帯収入を上げるために、

夫婦の会話を犠牲にしてしまうと、

結果的に、月収10万円の価値が失われる、

という、残酷な矛盾があるのですね。

 

仕事と家庭の両立と、

夫婦関係満足度の関係は、

今後の日本を形成するにあたり、

避けてはならない問題です。

 

仕事と家庭の役割の両立度を

社会的に高めていかないと、

晩婚化、非婚化、少子化に

拍車をかけてしまうでしょう。

 

人生の満足度を高めるには、

多くの選択肢から

自分に合った選択が

できることが重要ですが、

日本の実情はどうでしょうか?

 

選択の自由が狭められ、

働き方と生活のバランスが

著しく崩れていると思いませんか?

 

私は、より柔軟な働き方を

可能にすることと、

経済的生産性の根本的見直しが

急務だと考えています。

 

諸外国に目を転じると、

 

・アメリカ

 

・イギリス

 

・オーストラリア

 

・オランダ

 

などは、

女性が柔軟に働ける職場や

労働市場の環境が整い、

就業率の増加が出生率を下げる傾向が

大きく弱まっています。

 

北欧諸国では、

育児休業や託児所の充実など

育児と就業が両立しやすい環境があり、

急激な少子化傾向に

歯止めが掛かりました。

 

日本は、これらの面で

大きく立ち遅れているのです。

 

日本は、政治判断が遅い。

 

ですから、

国任せにしていてはいけません。

 

自ら、そのような環境を

手に入れる必要があるのです。

 

その為に、会社から脱して、

個人で豊かな人生を歩む選択肢に

取り組むのだと捉えて欲しいです。

 

それが成功すれば、

 

「月収10万円」

 

と、

 

「夫婦16分の会話」

 

これらの両方を、

より大きなレベルで手に入れられる未来が

待っています。

 

本日の写真は、

妻と子ども達と一緒に愛でた、

七分咲きの桜です。

 

 

夫婦の、そして親子の会話をしながら

美しい桜を見つめた16分は、確実に、

月収10万円以上の価値があったと感じます。

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: