■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


妻と出会ってからが、「第2の人生」

2018年10月16日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

昨日は、「結婚10周年」の記念日に、

たくさんのお祝いのお言葉をいただき、

心から、感謝を申し上げます。

 

また、妻の体調を心配してくださった皆様、

いつも申し訳ございません。

 

妻は、体調を崩しやすいのですが、

今回は軽い風邪ですので、どうか、

ご安心いただきたいと思います。

 

さて、昨日の記事では、妻との歴史を振り返り、

7枚の写真とともに、過去を回想して、

思いを綴らせていただきました。

 

実は、その際、掲載をカットした

3枚」の写真があります。

 

・同棲を始めた自宅の玄関前で、

 綺麗なポインセチアと撮った1

 

 

・ハワイ旅行の帰り、ホノルルの空港で

 飛行機を待っている時の1

 

 

・香港旅行の際、ペニンシュラのラウンジで

 カクテルドリンクを飲みながら撮った1

 

 

どうしてカットしたのかと言うと、

その写真に写り込む私の目が、

とても寂しそうで、当時の苦しかった心を

思い出してしまったからです。

 

私は、妻と出会う前まで、

心の中に闇を抱えた状態でした。

 

親の2度の離婚で人間不信になっていた上で、

電通の超縦社会の教育により、自尊心を破壊され、

 

「何のために生きているのか?」

 

「このまま、生きていく価値はあるのか?」

 

そんなことばかりを、考えていた日々だったのです。

 

不謹慎ですが、自殺願望が強かったので、

妻と出会っていなかったら、、、

 

そんなことも、考えてしまうくらいです。

 

エニアグラム心理学で分析すると、

「タイプ4」の私は、当時、完全に不健全な状態で、

生きる意味を見失っていました。

 

しかしながら、最近アップする写真と

比較していただければお分かりいただける通り、

妻のおかげで、私は変わりました。

 

妻と過ごしてきた「13年」の日々の中で、

私の精神状態は、どんどん向上して、

「タイプ1」、そして「タイプ7」へと

統合しているのだと自覚しています。

 

つまり、妻と出会ったからこその、

「第2の人生」なのです。

 

そして今回、過去の写真を見直す中で、

 

「今の幸せが、当たり前だと思うなよ」

 

昔の私から、そう釘を刺されたような思いです。

 

こうして、たった1人との出会いが、

人生を大きく変えていきます。

 

私は、個人の時代の中で、

私との出会いで人生を大きく変える方を、

1人でも多く生み出したい。

 

改めて、そう願っています。

 

追伸;

 

昨日はカットした「3枚」の写真をアップしています。

 

「未来は明るいから、大丈夫だよ」

 

この頃の私に、伝えてあげたいです^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: