■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


パートナーにご馳走させていただく喜び

2019年11月14日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

昨日の記事で、これからの人生では、

「人にお金を貸すということはしない」と

書かせていただきました。

 

・祖父の遺言

 

・私自身の苦い経験

 

・貸した相手が、さらに不幸になると判断したこと

 

により、決意したことです。

 

LINE「無料」相談窓口で、

 

「お金を貸して欲しい」

 

とご相談いただいた2名の方には、

大変申し訳ない気持ちで一杯ですが、

ご理解くださいますと幸いです。

 

こうして、「お金を貸す」ことには

否定的な考えを持つ私ですが、

「ご馳走する」ことは、大好きです。

 

特に、喜びを共有できる会食の場は、

どんどん、お金を出したいと考えています。

 

努力をした方への「労い」は、

本当に幸せなことだからです。

 

昨日は、ビジネスパートナーの田島文忠さんが、

とても大きな成果を出されたので、

有本周平さんと一緒に、お祝いしました。

 

 

 

 

Twitterのツール制作などが得意で、

投資系の自動プログラムなども組める田島さんは、

いかに効率的に、ビジネスを進めていくかに

フォーカスしていらっしゃいます。

 

「努力をする」

 

と言うと、

 

「寝ないでやる」

 

「愚直に労働する」

 

などと、過重労働を思い浮かべる方が多いです。

 

日本人は、「勤勉」であるべきだという「美徳」を、

教育で押し付けられているので、

その教育に、素直に従っている方こそ、

 

「ラクをしたらダメ」

 

と思ってしまっています。

 

ところが、本音では、

ラクをしたいのが人間だと思うのです。

 

そこで、その本能に従って、

 

「効率を重んじる」

 

ということに意識を向ければ、

現代文明でできることは、たくさんあります。

 

つまり、「努力」をすれば、「ラク」ができるのです。

 

こう書くと、矛盾しているようですが、

そこに気付ける方こそが、

現代的な「成功」に向かうと思いますし、

私も、そのような価値観で、言動しています。

 

そして、私よりも高いレベルのビジネス効率化を

実現しているらっしゃると感じるのが、

田島さんです。

 

私は、その努力の仕方を、

とても素晴らしいことだと思っています。

 

こうして、学び合いながら、支え合いながら、

一緒に収入を拡大していくことができて、

大変嬉しく思っております。

 

私の直近の目標は、

 

「毎晩のように、

 ビジネスパートナーの皆様にご馳走したい!」

 

これを、近いうちに実現させられるよう、

皆様を引き上げていきたいと願っております^^

 

追伸;

 

昨日のお祝いの席の店名は、「二代目 葵」でした。

 

 

私の娘の名前が「葵」なので、

ご縁を感じて選んだお店でしたが、

とても美味しかったです!

 

娘の葵と、このお店で飲めるのは、17年後!

 

うーん、、、まだまだ先だけど、

それも実現しますように^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: