■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2022年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「最悪の家族旅行」とは?

2022年06月20日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

私達家族は旅行が大好きで、2019年には、

日本を一周しました。

 

コロナの感染拡大前に、

楽しい思い出をたくさん創ることができて、

とても嬉しく思っていますが、そろそろ、

また旅がしたいと思っています。

 

さて、この「家族旅行」に関する質問で、

非常に興味深いものがあります。

 

スタンフォード大学「集中講義」という本で、

広く知られたティナ・シーリング先生の問いで、

 

「最悪の家族旅行を考えてください」

 

というものです。

 

学生達は、

グループごとに頭を悩ませた上で、

 

・虫がたくさん出るような酷いホテルに泊まり、

 美味しくない食事が振る舞われる

 

・行く先もわからないまま、

 狭い飛行機のシートに縛られる

 

・家族旅行なのに、家族が引き離される

 

などと回答しました。

 

ティナ先生は、

それらのアイデアをグループ間でシャッフルし、

それぞれの手元にある旅行のアイデアで、

「パックツアー」を売り出すように命じたのです。

 

学生達は、更に頭を悩ませた上で、

上記それぞれのアイデアに対し、

 

・家族で楽しむ肝試しホラーツアー

 

・サプライズお楽しみツアー

 

・家族を取り戻すアドベンチャーツアー

 

と、面白いツアーを考え出し、

それぞれの広告戦略まで議論していきました。

 

これがもし、最初から、

 

「ユニークな家族旅行を考えよう」

 

というテーマであったならば、

そう簡単には思い付かないでしょう。

 

しかしながら、「最悪」というキーワードから

発想の幅が広がり、思考が活性化したのですね。

 

実は私も、

現在のビジネススタイルに辿り着くまでに、

上記のような「最悪」のケースを

目の当たりにしました。

 

・高額のスクールなのに、再現性の無い教育内容

 

・質問が来ても、スタッフが適当に回答

 

・満足していないのに、追加請求のご提案

 

これらに疑問を持って、

 

・敷居が低くて、再現性が高い環境

 

・いただいたご質問は、即時回答を心掛ける

 

・ご満足いただける内容しか、ご案内しない

 

というものだけを選ぶことにしました。

 

おかげさまで、多くの方が喜んでくださり、

人生を変えていただいています。

 

一度極端なものを想定したり、

実際に体験することによって、

そこから新しいものを生み出していく姿勢を

持つことができますね。

 

 

追伸;

 

大切な方に、気持ちを込めてお贈りするために、

資生堂パーラーのお菓子を買ってきました!

 

 

ちょっと目を離した隙に、

一部は子ども達があっという間に

平らげてしまいました^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: