■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「児童手当」世帯合算所得基準で支給減額へ

2017年12月17日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

厚労省、財務省、内閣府が、またまた意味不明な

「児童手当の見直し」をすると報じられました。

 

現在は世帯で最も稼ぎの多い人の所得をもとに

支給額を決めている制度を、世帯合算の所得で

判定する方式に切り替えるのです。

 

これにより、共働き夫婦などは確実に減額となる上に、

財務省は所得制限の特例措置の廃止も主張しており、

日本が「少子化対策」をする気があるのか、甚だ疑問です。

 

これでは、日本の未来をどうしたいのか、、、

全く見えないと感じます。

 

私の友人の中には、夫が高い所得を得ていて、

それでも都心で子育てをするのは大変なので

奥様が年収300-400万円程度の仕事をしている、

という世帯がとても多くあります。

 

これから子どもを授かることを願っていたり、

「もう1人」を検討しているこのような世帯にとって、

最近の政策は明らかに、

新たな命を生む未来にはつながっていません。

 

今の日本の政治においては、

安心して子どもを産み、育てる社会にすることが、

「最大の使命」ではないでしょうか。

 

選挙後に、次々と発表される国の方針は、

この国で子どもを産んで育てたいと願う人達に、

寄り添うような施策だと言えるでしょうか。

 

どこかに予算を設けるためには、

別のところから付け替える必要があるのは理解できます。

 

しかしながら、いくら平均より高所得とは言え

「子どもを願う世帯」から、子どもを育てていくための

大切なお金を奪っていくことは、

絶対に避けなければいけないことだと、私は思います。

 

少子化から脱却したフランスの政策には、

「国の本気」が見えます。

 

・育児世帯への予算GDP比3%(日本は0.75%)

 

・「N分N乗方式」の所得税(子が多いほど所得税減額)

 

・会社内の授乳場所設置の義務化

 

・ベビーシッターへの手厚い支援金

 

など、細かい政策には賛否両論あるでしょうが、

 

「フランスの未来を創るために、

新たな命を国全体で産み、育てよう」

 

という強い思いが、国民に伝わっていると感じます。

 

それに比べて、今の日本は、、、

 

もちろん、日本にも良いところはたくさんあります。

 

総合的な判断でこの国で生きていくならば、

国や会社に頼らない新たな収入源を、

自分達で創っていくしかないですね。

 

追伸;

 

本日の写真は、子ども達に

サプライズのケーキをプレゼント^^

 

「児童手当」は少額かもしれませんが、

そのお金で得られる家族の幸せは決して小さくはないと、

改めて感じています。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: