■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


トヨタ社員「パワハラ」自殺報道に関して

2019年11月19日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

トヨタ自動車の男性社員(当時28歳)が、

2017年に自殺で亡くなってしまいました。

 

そして、その原因は、

上司のパワハラで適応障害を発症したことだと、

豊田労働基準監督署が本日、労災認定しました。

 

亡くなった社員は、15年4月に入社し、

16年3月から、本社で、

車両設計を担当していたそうです。

 

車両設計と言えば、花形部署かと思いますが、

上司から日常的に

 

「バカ」

 

「アホ」

 

と叱責され、

 

「死んだ方がいい」

 

との暴言も受けていたとのこと。

 

日本トップ企業のトップ部署で、

このような光景が広がっていたとは、、、

 

恐ろしいですね。

 

まあ、電通も全く同じなので、

私としては、

 

「トヨタも電通も、一緒だな・・・」

 

と感じるニュースでした。

 

そして、電通の時のように、

テレビも大々的に取り上げると思いきや、

相変わらず、沢尻エリカの報道ばかり。。

 

「このタイミングでの沢尻報道は、

 政治で隠したいニュースがあったから」

 

と散々言われていますが、

私は、トヨタの報道を消したいからなのでは?

と思ってしまいました。

 

マスメディアは、

トヨタに食わせてもらっていますからね。

 

まあ、どちらも、

真実かどうかわかりませんけどね。

 

長くテレビ・広告に関わった人間として、

日本の報道が歪んでいることだけは、

間違いないと考えています。

 

さて、このような悲しい事件が起こる度に、

 

「日本の古臭い企業に勤めるのは、やめようぜ」

 

と、強く言いたいです。

 

なぜなら、

 

「殺されてしまう」

 

からです。

 

これは、誇張した表現ではありません。

 

トヨタで亡くなった社員

(名前非公開のため以降Aさん)も、

電通で亡くなった高橋まつりさんも、東大卒。

 

Aさんは、地方の大学を卒業してから、

東大大学院に進んだそうですが、

このことも、上司から

 

「学歴ロンダリングだ」

 

と侮辱されたそうです。

 

日本最高峰の学歴を経て、

日本トップレベルの会社に入ったら、

そこが、「地獄」だった。

 

そりゃ、絶望しますよ。。。

 

私も、そうでしたから、

気持ちが良く分かります。

 

もし、現在、

組織の中で苦しんでいる方がいたら、

 

「自殺するな!」

 

「薬に手を出すな!」

 

「そこ以外にも、生きていく道はたくさんあるぞ!」

 

と、伝えたい。

 

自殺直前までいった私が、

今、こうして幸せに生きていることに、

希望を持って欲しい。

 

今日は、記事の内容には相応しくありませんが、

子ども達と一緒に低酸素ジムに行ってきたので、

その写真をアップします。

 

 

こういう平和な未来が、

きっと、Aさんにもあったはず。

 

それを奪った上司や、

その環境を放置した会社のことは、許せません。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: