■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


元電通マンの告白11~家電各社の凋落~

2013年04月16日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

翼0411

家電各社がピンチです。

ソニー、シャープ、パナソニック。

巨額の赤字を出し、
苦しい経営を余儀なくされています。

私は5年間、
パナソニックの担当を
させて頂きました。

その過程で、パナソニック、
そして、松下幸之助さんから
学んだことは計り知れません。

多くの事を教えて頂いた
パナソニックの方々に、
心から感謝しています。

私の家庭内の家電は
ほとんどがパナソニック製品です。

電通では、
担当しているクライアントの製品を
徹底して買い込むという
文化があったからです。

2002年に担当させて頂いた当初、
実は、私はアップルが好きだったし、
国内ならまだソニーかと思っていたので、
本当は、抵抗がありました。

しかし、仕事に対峙する中で、
パナソニックの繁栄を目指す人間が、
その製品を愛用していないことに
違和感を感じ始めたのです。

それで、実際に製品を使ってみて、
その良し悪しを体感した上で
仕事に向き合ってみました。

携帯を替えて、
ノートPCを替えて、
テレビを替えて、
電子レンジを替えて、
洗濯機を替えて・・・。

そうすると、
仕事へのモチベーションが
かなり変わったのです。

パナソニック社員より先に
電通社員が新商品を手にして、
その素晴らしさを自慢する。

第三者から見ると、
「おべっか」のように見えると思いますが、
私はこのような文化自体は、好きでした。

しかし・・・。

最近のパナソニックの凋落を見て、
昔から私が違和感を持っていたことが
現実になっていると感じます。

それは、頂いた広告費に対し、
正当な成果を出せているのか?
ということです。

毎年、何百億という広告費を頂きますが、
電通にはその広告費で成果を出す
責任がありませんでした。

成果が出なかったとしても、
出稿した分の広告費は頂けるのです。

これは、電通にとっては
「美味しい」ことでしょう。

しかし、クライアントにしてみれば、
リスクはすべてクライアントに残るのです。

この点が、利益を頂いている身分ながら、
常に疑問に思っていたのです。

この観点で見て、
完全成果報酬である「アフィリエイト」は
非常に合理的なのです。

パナソニックをはじめ、
家電各社が苦しくなった昨今。

電通はどのように責任を取るべきか。

OBとして、電通の誠意ある対応を
期待したいと思っています。

私は、私を信じて「与沢塾」に
入って頂いた皆様を、
塾が終了した今でもサポートしています。

それは、電通時代に疑問に思っていたことを、
自分は絶対にしないと誓っているからです。

私を信じて頂いた方とは、
人生を共にするような覚悟で、
徹底して向き合う。

そのような気持ちで、
IBSの担任講師を務めます。

是非、私を指名して下さい。

http://bit.ly/YVqlji

※【藤沢涼】担任講師指名料無料
という特典をご確認の上でお申込み下さい。

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: