■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


人は何故、左に進んでしまうのか?

2014年06月26日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

papa_tsubasa0625_1 

スーパーやコンビニにおいては

「左回り」の店舗戦略を行っています。

 

これは、人が無意識に、

「左」「左」へと進んでいく

傾向があるからなのです。

 

広島大学の消費者行動調査では、

目的地までの距離や条件が同じで

二手に分かれる道において、

90%強の人が「左」を選んだ

と発表しています。

 

また、某県警が

ひったくり犯の行動パターンを

分析したところ、

8割が左折で逃走すると分かったので、

それに基づき警察官の配置を

シフトすることによって

検挙率を大幅に上げています。

 

実際に目を閉じて歩くと、

何故か少しずつ、

左に寄ってしまうことが分かります。

 

私自身、

ジムのプールで時々やるのですが、

毎回、そうなってしまうのです。

 

この理由には、

いくつかの仮説があります。

 

・左にある心臓を守る為。

 

・右側にある肝臓が重く、

 バランスを取る為に

 左重心になる。

 

・多くの人が、手も足も

 「右利き」であり、

 右足で強く地面を蹴る為。

 

などですね。

 

いずれにしても、

人の行動にはパターンがあり、

ある程度の確率で

予測することが可能なのです。

 

例えば、

 

・カバンが大きい人は

 不安も大きい。

 

・青色のシャツを

 好む人は内向的。 

 

・両手を組む時、

 左の親指が上なら直感的、

 右の親指が上なら理性的。

 

・運動習慣の無い人は心配性。

 

などですね。

 

このような知識を付けて、

「読心術」を身に付けると、

相手の気持ちを察して

行動することが

出来るようになります。

 

確率論ですから、

もちろん外れることもあります。

 

しかし、ほんの少しでも、

相手の心に寄り添う確率を

上げられるのであれば、

学んでおいて損は無いと

思いますよ!

 

 

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: