■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


成功企業のプランAとプランB

2014年07月26日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

plan_b

 

多くの企業が、プランBで

成功していると言われます。

 

例えば、任天堂のプランAは

「花札」でした。

 

元々は、博打の道具を

売る会社だったのです。

 

ところが、

仕事をサボって

工作で遊んでいた横井軍平が、

「ウルトラハンド」という

伸びるアームを開発します。

 

それを面白がった

当時の社長・山内溥が商品化し、

大ヒットしたことで、

おもちゃ屋に転向します。

 

その後、

ファミコン、

ゲームボーイ、

ニンテンドーDS、

Wiiと、

家庭用ゲーム機のパイオニアとして

歩みを進めたことは周知の通りです。

 

マイクロソフトも、

プランAはプログラミング言語の

BASICでした。

 

それが、プランBとして

OSを作り、大成功しています。

 

DeNAも、

元々はオークションサイトでしたが、

ゲームに転向し、

モバゲーが大ヒットしています。

 

その他多くの企業が、

プランAではなく、

プランBで軌道に乗っています。

 

例えば、

 

<Amazon>

 

プランA:オンライン小売業

プランB:eコマースのプラットフォーム

 

<Apple

 

プランA:Macintoshなどパソコン

プランB:iPod、iTunes、iPad、iPhone

 

<Google>

 

プランA:検索エンジン技術提供

プランB:検索結果に基づく広告提供

 

などですね。

 

これらのことから、

ビジネスは、プランAから上手くいくと

考えない方が良いと気付きます。

 

ダメ元でプランAでスタートし、

七転八倒、何度も壁にぶつかる中で、

ようやく次のステップ(プランB)が

見えて来るのです。

 

もしかしたら、

Bも上手くいかずに

C、D、E・・・と

頭を捻り続けなければ

いけないかもしれません。

 

それでも、

サイコロを振り続け、

トライし続けることでしか

道は拓けないということです。

 

プランAが失敗したからと、

安易に事業撤退してはいけません。

 

プランAから何を学んだかで、

プランBの勝率が大きく変わりますね。

 

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: