■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


【少数】だから、【精鋭】になる

2015年02月16日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

papa_tsubasa0216

 

優秀な人間が数名集まることを

「少数精鋭」と言いますが、

私は、【少数】だから【精鋭】になると

捉えています。

 

例えば、私がベンチャー企業にいた時、

創業当初の社員が少ない時には、

全員が、100%以上の力を発揮しました。

 

仕事量に対して、

人員が少なくてしょうがないので、

そこにいたメンバーが必然的に能力を開拓し、

どんどん優秀になっていくのです。

 

しかし、一気に人数を拡大していくと、

個々人の成長は明らかに、鈍化しました。

 

余計なトラブルも増えてしまい、

社内の空気も悪くなっていきました。

 

また、大企業にいた時は、

「会議の人数削減」を実行しました。

 

大企業になればなるほど、

「責任の分散」をしようと、

多くのメンバーを巻き込みたがります。

 

しかし、

それでは個々人の主体性が無くなり、

プロジェクトの質が悪化します。

 

自分と同じ担当をする人が

同じ会議に参加するのであれば、

気が抜けてしまって居眠りをしたり、

堂々と遅刻をするような人が増えるのです。

 

だからこそ、参加する人数を減らしました。

 

そうすると、

それぞれの役割を持った人間が

自分の能力を最大限に発揮しようとします。

 

まさに、「少数」だからこそ、

「精鋭」になるということです。

 

人数だけではなく、

時間に対しても、同様の意識が大切です。

 

終了時間を決めない会議などは、

ダラダラとして内容が散漫になります。

 

ところが、

「1時間で結論を出す」と決めると、

参加する全員が全力で集中することで

最良の仕事ができるのです。

 

仕事は、条件や制限を設けることで

関わる人員も、内容も、磨かれていきます。

 

私は起業してから、

あらゆることに制限を設けて、

その度に自分を成長させています。

 

そして、人にお教えする時も、

出来るだけ少人数にしています。

 

それは、もちろん、

【精鋭】を生み出すためです。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

 

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

 

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

  • by 相澤伸一郎

    翼くん。
    真っ裸でーーす。笑

    今日のお話
    少数だと責任が明確に
    なります。
    誰かがやるんじゃなくて
    自分がやる以外にない、
    ですね。

    会議、話し合いの
    無駄にダラダラ長いのは
    本当に価値的じゃないです。

    16 2月, 2015 6:43 PM




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: