■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「エニアグラム心理学」オフ会@稲村ヶ崎

2018年06月18日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

私が「エニアグラム心理学」を本格的に

学び始めてから、約2年が経過しました。

 

紀元前ギリシャから伝わる究極の心理学は、

人を「9つ」のタイプに分けます。

 

そして、それぞれの特徴を知ることにより、

コミュニケーションにおいて相手を深く理解し、

より良い人間関係を構築することができるのです。

 

普段は、仲間と、この奥深い心理学を

オンラインで学び合っているのですが、以前から、

直接会って学ぶ会をご希望いただいていたので、

昨日は稲村ヶ崎に4人が集合して、数時間、

たっぷりと語り合いました。

 

 

雨が続く梅雨の合間、奇跡的にパッと晴れた1日。

 

美しい海と空を眺めながら、テラス席で学んだ講義と

音声収録、動画撮影は、とても気持ちの良いものでした。

 

 

今回、学びを深めたのは、「親との関係」です。

 

どうして、9つの中のそれぞれのタイプになるのか。

 

実は、幼少の頃、父親、母親、あるは両親と

どのような関係だったのかによって、

一生変わらない人間性が固まると

エニアグラムでは考えられています。

 

私の場合は、「両親との繋がりを断った」ことで、

「タイプ4」になりました。

 

母子家庭で育ち、

母も働いて帰りが遅いこともあったので、

私は、両親に見放されたように感じてしまっていたのです。

 

その後、私は母が、

 

「私達のために仕事を頑張ってくれていた」

 

と理解するのですが、

両親にずっと近くにいて欲しい幼少期の頃、

少なからず両親との距離を感じてしまったことで、

劣等感、疎外感を覚えたということです。

 

そして、その先に、「自分は自分だ」という

強い信念とともに、表現する欲求が生まれました。

 

このようにして、自分のことを深く知り、

さらに、仲間のことも深く知る。

 

素晴らしい心理学に出会えたことと、

共に学ぶ仲間に、心から感謝しています。

 

一通り学び終えた後は、道を歩くカップルや

お店の店員さんを見て、彼はタイプいくつかな?

彼女はいくつかな?と分析し合い、学ぶを深めながら、

とても楽しい時間を過ごしました。

 

タイプ2(愛に溢れ、周囲に尽くす人)の王志瀚さんは、

終始、一眼レフで私達の写真や風景、

食事などを撮り続けてくださり、解散後に

すぐにシェアしてくださって、さすが、タイプ2!です^^

 

 

なお、こちらの写真は、

王さんプロデュースのカバン新商品です!!

(機能性抜群!複数種類をMakuake等で販売しています)

 

 

昨日は参加できなかった方も多いのですが、

これからも、このようなリアルの会を

開催していこうと思います!

 

今回、企画してくださった木村龍星さん、

本当にありがとうございました!!

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b