■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


連載「過労社会 電通ショック」へ寄稿

2016年10月29日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

tokyo_np20161029_2

 

本日発行の東京新聞・中日新聞にて始まった

連載「過労社会 電通ショック」において、

私の見解を寄稿させていただいています。

 

tokyo_np20161029_3

 

tokyo_np20161029_1

 

10月7日の夜、電通の過労自殺を知ってから、

実は、私は毎晩のように、悪夢を見ます。

 

「あのときの俺と一緒だ」

 

新聞にも掲載していただいた通り、

彼女が残したメッセージは、

私が電通の新入社員だった頃に抱えた苦悩と、

全く同じです。

 

奴隷として扱われる中で、

人としての尊厳を破壊され、

長時間労働で睡眠を奪われて、思考力まで無くし、

生きている意味をも見失ってしまう。

 

あまりに辛かったので記憶から消していた過去が、

走馬灯のように、目の前に映し出されます。

 

上司から殴られたり、蹴られたり、

灰皿や固定電話を投げつけられて罵倒されたり、、、

 

15年前の地獄のような日々が、連日、

夢に出てきては、夜中に何度も目を覚まし、

眠れなくなってしまうのです。

 

そのような日々の中で、私を襲う感情は、

「恐怖」に加え、「後悔」です。

 

4年前に退社してから、

私は、電通社内の実態と過労死問題に関し、

度々、私の記事の中で取り上げてきました。

 

「絶対に、次の犠牲を出したくない」

 

そのような思いで、社外からは窺い知れない真実を

社会に発信してきたのです。

 

しかしながら、私の力不足で、

また尊い命が失われてしまった、、、

 

そのことが、悔やんでも悔やみきれません。

 

今回の悲劇は、

彼女をパワハラやセクハラで追い込んだ

電通社内の人間だけではなく、

社会に真実を伝えきれなかった私にも、

責任があると感じています。

 

ですから、今度こそ、社会全体で問題意識を持ち、

電通だけではなく、日本を変えていくために、

行動し続けなければならない。

 

そのために、今回の新聞連載を皮切りにして、

複数のメディアで、私の声を社会に届けていきます。

 

関東、中部地方にお住まいの方は、

お近くのコンビニ等でご購入可能です。

 

是非、ご自身だけではなく、

ご家族、ご友人と一緒にご覧になって、

社会的な問題として考えていただきたいと思います。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: