■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


ビジネスとは「仮説」の連続である

2015年04月28日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ 

 

mama_tsubasa0428

 

数年前、IT化が進めば、いずれオフィスから

紙が無くなってしまうと言われていました。

 

これはビジネスの世界での

「常識」のようでしたが、今でも、

オフィスは紙の書類で溢れています。

 

一部の企業は

ペーパーレス化に取り組みましたが、

その中には、その後、紙の利用を

再開した企業も多くあります。

 

また、同時期に、

「近いうちに日本の製造業は空洞化する」

とも言われており、これもビジネスの

「常識」と考えられていました。

 

しかし、パナソニックやキヤノンなどをはじめ、

最近は、工場の国内回帰の傾向が進んでいます。

 

このように、

ビジネスの「常識」は、

時として私達を裏切ります。

 

それは、ビジネスは、様々な人達の

利害関係によって成立しているからです。

 

同じ事象であっても、

関わり方や立場によって

まるで異なる常識が生まれます。

 

顧客の論理と、供給者の論理が

まったく正反対になるようなものですね。

この多面性を自覚せずに、

自分にとって都合の良い常識だけを信じると、

判断を誤ってしまうことになります。

 

そして、ビジネスを取り巻く環境は

常に変化し、進化していることも見逃せません。

 

顧客のニーズ、競争環境、技術の進歩など、

いずれも、1年前と同じということは有り得ません。

 

特に、ドッグイヤーと言われるITの世界では、

数ヶ月、数日で、市場や競争の様相が変わります。

 

これまで上手くいった「常識」が、

次回も通用するという理由にはならないのです。

 

ですから、ビジネスにおいて大切なのは、

「常識」を鵜呑みにせず、

すべては「仮説」だと捉えることです。

 

「仮説」を検証し、そこから生まれた結果を

自分の頭で考えて、自分だけの知恵にするのです。

 

私がビジネスをお教えする場では、

「答え」を求める方が多くいます。

 

しかし、

ビジネスに常識が通じないように、

100%間違いの無い正解は、

ビジネスの世界には有り得ません。

 

ですから、共に「仮説」を立て続け、

そこから生まれた知恵をシェアしていく

というのが、私の指導方法です。

 

そして、共に立てた仮説が多い方は、

次々と大きな成果を出していきます。

 

あなたも、

常識に縛られて大失敗しないように、

環境をしっかり見つめて、

仮説の連続を楽しんで下さいね。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: