■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


勝つ人間の「正しい」忍耐

2015年05月12日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ 

 

 

papa_tsubasa0512

 

勝つ人間は、これだと決めた道に向かい、

信念を持って忍耐をしています。

 

嫌なこともすべて忍耐するのではなく、

特定の分野に絞って耐えているのです。

 

日本では「何事にも忍耐するのが美徳」

という気風がありますよね。

 

これは一歩間違えると、

仕事において、健康において、人生において、

実はとても危険なことです。

 

あまりにも忍耐を美徳化し過ぎると、

人間の可能性や進化や発展を

失ってしまうことに繋がるからです。

 

現在の日本では、

今いる場所が苦しくて辛くて、

嫌で仕方が無いのに、

忍耐が正しいと考えて動けない方が

とても多いですね。

 

そして、その結果、

心を病んでしまったり、

自ら死を選んでしまう方も

多いのではないでしょうか。

 

先進国の中で

日本の自殺者だけが

圧倒的に多いという悲しい現実も、

そこに要因があると感じています。

 

「我慢」「辛抱」「忍耐」を

美徳化し過ぎたために、

日本は力を失っているということです。

 

そのような中で、「勝つ」人間は、

嫌なことは嫌だとハッキリ言います。

 

「満員電車は嫌だ。」

 

「上司に媚を売るのは嫌だ。」

 

「決められた時給で働くのは嫌だ。」

 

「サービス残業は嫌だ。」

 

「毎朝、早起きするのは嫌だ。」

 

一見、わがままに思えるのですが、

それでも、自分が決めた道に対しては、

常人の何倍も忍耐しています。

 

つまり、忍耐するベクトルが違うのです。

嫌なことには全く忍耐せず、

好きなこと、これだと決めたことだけに

忍耐を続けているのです。

 

その対象は

本当に好きなことであり、

自分自身が選んだことですから、

「忍耐」という意識も無いという方が

正しいかもしれません。

 

あなたがもし、

嫌なことばかりに忍耐して

心や身体を不調にしているなら、

ここで、忍耐の意味を書き換えて下さい。

 

嫌なことで忍耐をすると

人生は誰かにコントロールされます。

 

自分が信じた道、

自分が選び取った道で

努力を重ね、忍耐を続けることが

人生を切り拓き、自分の人生を

自分でコントロールすることに

繋がっていくと、ご認識下さいね。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: