■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「遊び」を通して、子どもは「楽習」する

2018年11月20日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

 

NHK「お母さんといっしょ」の番組開発や、

「しまじろうパペット」の開発などを手掛け、

「発達心理学の第一人者」と称される、

内田伸子先生の講演を拝聴しました。

 

1年半前にお話をお聴きして、感銘を受けてから、

本日の講演がとても楽しみだったのですが、

今回は、前回よりさらに深く、濃い内容でした。

 

詳しくは、内田先生の最新のご著書

 

『子どもの見ている世界

 ~誕生から6歳までの「子育て・親育ち」』

 

をご覧いただきたいのですが、

私が最も感動した育児のあり方の要点を

以下にまとめます。

 

・親は、子どもに寄り添いつつ、

 深く強い信頼関係を土台にした

 「安全基地」であるべき

 

・他児とは決して比べない。

 その子自身の進歩を認めてあげた上で、

 「褒める」「励ます」「(視野を)拡げる」

 の「3H」を意識すること

 

・親は、子どもの「生き字引」ではない。

 余すところなく、定義や解説、回答を与えないこと

 

・裁判官のように判決をくだしてはいけない。

 禁止や命令ではなく、「提案」をすること

 

・何かを強制してはいけない。

 子どもの「楽しい」を共有して、

 その「遊び」を通して、「楽習」してもらうべき

 

・子ども自身が考え、判断する余地を必ず与えること

 

・以上により、子どもの「自律的思考力」を鍛え、

 「創造的想像力」を育むことが、

 幼児を育てる親の責務であると認識すること

 

昨年のメモを改めて復習すると、

すでに学んでいたことも含まれていたのですが、

まだまだ、意識が足りなかったと反省しました。

 

内田先生が名誉教授を務めるお茶の水女子大学では、

戸籍上男性でも、女性だと自認しているならば、

学生として受け入れる、という方針を

明らかにしたばかりです。

 

実は、LGBTになる経緯に、

子どもが胎児の時の外的要因が大きく関わっていると

研究でどんどん明らかになっているそうです。

 

そして、いずれにしても、LGBTは「個性」であり、

多様性を認め合う社会の中では、排除してはならず、

そういう姿勢を国立女子大として初めて、

日本に発信できたことに

安堵の表情を浮かべていらっしゃいました。

 

(名古屋大学や早稲田大学はもっと進んでいて、

 とても遅れてしまった、ともおっしゃっていました)

 

このような、育児の分野の大先生から、

直接学ばせていただくという

素晴らしい機会を創り続けてくださる

息子の幼稚園の園長先生には、心から、感謝しています。

 

追伸;

 

購入させていただいた本に、

内田先生がサインとメッセージをくださいました!

 

 

 

温かいお言葉を、ありがとうございます!!

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: