■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2022年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


祖母へ「大きな愛をありがとう」

2022年11月13日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

 

祖母が亡くなってから10日が経ち、

斎場の空きを待って、やっと、

葬儀をすることができました。

 

昨晩のお通夜を終え、

本日のお昼に告別式を終えて、

先程、帰宅したところです。

 

 

この10日間で何度も記事にした通り、

祖母は、大きな、大きな愛の人でした。

 

母子家庭だった私と弟を支え、

経済的にも、ずっと助けてくれていました。

 

定期的に、直筆で長文の手紙を書いてくれて、

人生を、愛を、教え続けてくれました。

 

脳梗塞を患ってしまい、

半身不随になってしまってから、

私は両親と同居して、

一緒に祖母を介護しました。

 

愛の人だからこそ、母も、父も、

自宅で介護したいと考えましたし、

私の妻も、協力してくれました。

 

当時、妻は忙しい会社員でしたが、

食事の世話も、お手洗いの世話も、

献身的にしてくれました。

 

血が繋がっていなくても、

ここまで愛情を注ぐことができるのか?と、

当時は、これは目を疑うような光景だとも

感じていました。

 

愛は、こうして連鎖して集結し、

そして、さらに大きく膨らんでいくのだと、

愛の奇跡を学びました。

 

そんな祖母に、

 

「大きな愛をありがとう」

 

と、妻に筆で書いてもらって、

写真などの思い出と共に、飾りました。

 

 

 

2日間、過ごした斎場の空間は、

こうして愛に包まれて、愛に満ちて、

祖母を温かく、見送ることができました。

 

柩には、家族全員からの手紙も入れました。

 

 

今頃、わがままな祖父と再会して、

また、大変なお世話が

始まっているかもしれません。

 

祖父を愛し抜いた祖母が、

天国で改めて、祖父と愛を育み、

私達にその愛を注いでくれることを

願っています。

 

 

 ※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

藤沢涼


あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: