■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2024年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


臆病者こそが、生き残る!

2023年02月13日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

私は大企業を退社して起業する際、

大きな不安を抱えていました。

 

「この恐怖をどう乗り越えるか?」

 

先人達から学ばせていただこうと、

あらゆる書籍を読み漁った時に、

私を勇気付けてくれた著者が、

アンディ・グローブです。

 

インテルの創業者の1人である

アンディ・グローブは、

著書「インテル戦略転換」の中に、

こんな言葉を残しています。

 

「パラノイアだけが生き残る」

 

パラノイアとは、

重度の心配性のことです。

 

ビジネスの世界においては、

 

・製品に問題は無いか

 

・発売時期を誤っていないか

 

・関係各社は計画通りに動いているか

 

・競合はどんな動きをしているか

 

・お客様のニーズを捉えられているか

 

このように、

細かなところまで徹底的に

心配するようなタイプでないと、

勝ち残っていけない。

 

むしろ、重度に心配性な者だけが、

生き残っていける世界なのだ、

と書いてあったのです。

 

アンディ・グローブの最大の功績は、

インテルという会社を

マイクロプロセッサという

コンピュータの心臓部に

特化した会社にしたことです。

 

彼は、病的なまでに心配性だからこそ、

IT業界の大きな変化に敏感になり、

変化の予兆を感得することが

できたのでしょう。

 

「私は心配性だから、

 なかなか行動できない・・・」

 

という方は多いと思います。

 

でも、心配性だからこそ、

注意深く物事の流れを見つめ、

見識を深める努力を続けることで、

変化の激しい時代を

サバイブしていくことができます。

 

パラノイアである自分を認めて、

勇気をふり絞って一歩踏み出すことが、

世界を少しでも変えるきっかけになったら、

面白いと思いませんか?

 

私自身がそうでしたから、

ご自分のことを臆病者だと

卑下されないでくださいね!

 

追伸;

 

子ども達とのサッカーでは、

息子も娘も、キックが強くなって、

鋭い目付きでシュートしてくるので、

臆病者の私はビクビクしながら、

なんとか、キーパーを務めました^^

 

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: