■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


竹中平蔵氏「これからの日本経済と投資戦略」

2018年05月27日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

電通の先輩である佐藤雅彦さんと、

慶應の教授である竹中平蔵さんが、

 

「経済ってそういうことだったのか会議」

 

を共著されたのが、私が慶應4年生の春、

電通に内定した頃でした。

 

それまで、プライベートでは音楽に夢中になり、

大学では物理の研究ばかりしていた私にとって、

「経済」というものを初めてしっかり学び、

その面白さに気付いた「良書」だと感じています。

 

経済の世界で戦う未来を前に、

期待と不安が入り混じる季節の中、何度も何度も、

その本を読み込んだことを思い出します。

 

そんな、私にとって

経済の世界の入口となった竹中さんは、現在、

「森ビル」「SBI」「パソナ」「オリックス」

「外為どっとコム」「RIZAP」など、

数多くの企業に関わっていらっしゃいます。

 

現在進行形で、

ビジネスの最先端を見ていらっしゃる竹中さんが

日本経済に関して講演されるということで、

とても興味を持ち、拝聴致しました。

 

 

そして、その内容は、大変示唆に富むものでした。

 

最も感じたのは、日本が既得権益を守るために、

世界の中で取り残されていることへの危機意識です。

 

特に、Uberを規制するタクシー業界は

強い批判を受けるべきと明言されていました。

 

現在、世界でどんどん伸びている

「ライフシェア産業」(UberAirbnbなど)が、

日本では、全く伸びていきません。

 

国会で議論されている「サンドボックス」が進み、

規制の無い中で新たな挑戦ができるようにして

フロンティアに挑戦できる企業を育まないと、

「日本の未来は無い」とのことで、大変共感しました。

 

また、お隣の中国や韓国の決済の「6-7割」が

キャッシュレスになっている現代において、

日本ではそれがまだ「2割」しか進んでいないことは、

ビッグデータが溜まらず、

新たな経済を創るチャンスを失っています。

 

世界ではATMが減っている中、

日本では未だにATMが増え続けているという、

現金に依存し過ぎな現状に関しても、

嘆いていらっしゃいました。

 

これから10年、

今ある職業の半分が消える未来があります。

 

しかし、そこには、社会を改革するチャンスもあります。

 

私自身も、将来を悲観するのではなく、

少しでも、新たな世界を創造する力を手にできるよう、

努力したいと考えさせられた講演でした。

 

そして、幅広く経済を見つめる中で、

チャンスがあるところには果敢に投資をし続け、

着実に資産形成していきたいと考えています。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: