■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2024年6月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「逆境はチャンス」歴史に学ぶ

2023年03月10日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキングへ 

 

歴史を学べば、逆境の時こそ、

様々なチャンスが溢れていると

知ることができます。

 

 

たとえば、トーマス・エジソンが

GEを起業したのは、大不況だった

1873年の5年後です。

 

ヒューレッド・パッカードの創業は

第二次世界大戦が始まった1939年です。

 

そして、スティーブ・ジョブズは、

Appleをベトナム戦争の直後、

1977年に創っています。

 

日本でも、戦後の大不況の中で

HONDAやSONYが生まれました。

 

発想の転換をすれば、

ピンチだからこそ、逆境だからこそ、

大いなるビジネスチャンスが

広がっているということです。

 

そして、

 

「社会をより良くしたい」

 

という強い思いが、ピンチをチャンスに

変えているのでしょう。

 

明治維新の時は、

優れた人材がたくさん出現しています。

 

これも、幕末の大混乱の中で、

 

「日本を変えたい」

 

という思いが、日本全体に

広がっていったからこそですよね。

 

コネチカット大学の

グレン・アフレック教授は、

逆境に置かれた時こそ、

そこから利益を見付ける努力によって

胸の中に希望が満ち溢れ、

難局を乗り切れると指摘しています。

 

暗闇の中でも光を探す

 

「ベネフィット・ファインディング」

 

が、未来を明るくするのです。

 

昨今、日本社会は混乱して、

誰もが未来を不安視しています。

 

しかし、過去がそうであったように、

このような時こそ、

大きなチャンスがあります。

 

過去、社会が大混乱している時には、

お金が無くても、

地位が無くても、

肩書きが無くても、

誰もがチャンスを掴んできました。

 

ですから、不安が拡大する今こそ、

歴史からしっかり学んで、

ピンチをチャンスに変えていくべきですね。

 

 

追伸;

 

息子がサッカーの練習を頑張って

とても偉いので、W杯モデルのボールも

追加で買ってあげました!

 

 

 

枕の隣に置いて寝ていて、、、

可愛過ぎました^^

 

 

 ※本日の藤沢涼の記事が

  少しでも有益だと感じて頂けたら、

  こちらのブログランキングに

  ご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

あなたも自由な人生を望むのであれば、

こちらをクリックされて、

特別サイトをご覧になり、

無料講義をご覧になってくださいね!

 

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: