■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「サブスクリプション」が現実世界へ

2017年06月29日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

「月額飲み放題」システムを導入するカフェ、

HANDELS CAFE 横浜ポルタ店が話題になり、

その挑戦に賛否両論あります。

 

「休憩が、仕事の質を高める。

 日本に、もっと気軽に休憩する日常を。」

 

というコンセプトで、

本格コーヒー、ラテ、カプチーノ、紅茶、

ロイヤルミルクティーなど、

9種類のドリンクが飲み放題で、

月額5,800円という価格設定です。

(月額3,800円のキャンペーンも実施中)

 

このような月額制度は元々、

高額なソフトウェアを利用する際などに生まれ、

「サブスクリプション方式」と言われます。

 

音楽配信サービスや、

オンラインチャットサービスなど、

インターネットの世界では幅広く

活用されているものです。

 

そして、現実世界においても、

携帯電話やトレーニングジムなどでは一般的でしたが、

ネイルサロンやまつげエクステなども採用し始め、

いよいよ、飲食業界にも浸透しようとしています。

 

反対派の方は、

 

「いつも満員御礼になって利用できないのでは?」

 

「価格設定が高過ぎるのでは?」

 

などと危惧していますが、

私は、この挑戦を応援したいと思います。

 

確かに、乗り越えなければいけない壁は

たくさんあると思いますが、

このモデルが成功すれば、

 

「月額6,800円で食べ放題のラーメン屋」

 

「月額12,800円で飲み放題の居酒屋」

 

など、あらゆるケースが考えられ、

消費者にとっての消費活動も楽しくなるからです。

 

実際に、私の友人の経営者は、

六本木に会員制の高級レストランを持ち、

高級シャンパンKrugを原価で出すなど、

多くの経営者に愛される店舗展開をしています。

 

会員は、Krugを何本も入れる接待が可能で、

店舗側も、月額の会員費があるので採算が合うと、

Win-Winの関係になっているのです。

 

価格設定や時間予約制のマネジメントなど、

これから様々な障壁が出てくると思いますが、

多くの飲食店が、サブスクリプションに挑戦し、

より良いモデルを採り入れて欲しいですね。

 

なお、私が現在、参画させていただいている

投資の学びの場も、サブスクリプションです。

 

一括で高額をいただくのではなく、

月額で安価な設定にした上で、

長期的に学び続けてくださる方に対しては、

新規入会の方に対する講師としての指導料を

還元していくというモデルです。

 

この形式を大成功させて、

多くの方の堅実な資産形成のプラットフォームに

していきたいと願っています。

 

追伸;

 

最近、カフェで撮影していなかったので、

少し前の写真をピックアップしました!

 

2ヶ月ほど前ですが、娘の成長を感じます^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: