■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「電通」<「サイバーエージェント」

2020年05月21日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

ついに、この時が来ました。

 

サイバーエージェント(CA)の時価総額が、

20日の終値ベースで、電通を抜き去ったのです。

 

現在の両社は、「同業種」とは言えないので、

比較対象ではないという声もあります。

 

確かに、CAの利益の大半は、

今や、ゲーム事業になっています。

 

◆第2四半期 売上高(営業損益)

 

 売上高合計:1,291億円(124億円)

 

 広告事業:727億円(67億円)

 

 ゲーム事業:448億円(104億円)

 

 メディア事業:138億円(▲42億円)

 

しかしながら、元々は、

テレビ・新聞・雑誌・ラジオの4マスメディアでの

広告を受注してきた電通と、

インターネット広告を

メイン事業としてきた、CAです。

 

「いよいよ、逆転した」

 

と評して報道するのは、

自然なことではないでしょうか。

 

時代の変化に対応して、

新規事業を立ち上げ続けたことも含めて、

藤田社長の経営力が勝ったのです。

 

これから、AbemaTVが黒字化すれば、

電通は一気に、置いて行かれることになります。

 

「CAが電通を抜き去ったのは、

 2020年だったんだね」

 

このように振り返る日が来るでしょう。

 

4マスメディアが凋落し、

インターネットメディアが隆盛を極めることは、

明らかに分かっていたことです。

 

そこに対して、CAは積極的に、

メディアを生み出す意識で

インターネットの世界でチャレンジをし続けました。

 

それに対して電通は、私が勤務していた頃から、

新たな挑戦に消極的でした。

 

上司の中には、

 

「電通は、4マスメディアと共に発展してきたんだ。

 

 俺達がやるべきことは、

 お世話になった4マスを守ること。

 

 インターネットメディアを発展させることは、

 各社に対する裏切り行為だ」

 

そんなことを言う方もいました。

 

当時の経営陣も、この見解から

遠くない認識だったのではないでしょうか。

 

もし、そうでなかったのであれば、

もっと違う経営をしていたはずです。

 

変化に対応せずに、保守的になり過ぎたがために、

このような体たらくとなったのです。

 

私は、電通を反面教師にして、起業後、

様々なビジネスや投資にチャレンジしてきました。

 

そして、現在は、ニーズが拡大する

健康事業をメインにし、果敢に取り組み、

「日本No.1」をいただきました。

 

今夜は、その健康事業での、初プレゼンです。

 

藤沢涼、デビュー。

 

多くの方を幸せに導けるよう、

精一杯頑張りたいと思います。

 

追伸;

 

本日は、私が電通に勤務していた頃の写真を

アップしました。

 

 

浜離宮に咲く菜の花の黄色い絨毯と、

巨大な電通ビル。

 

退社を決意し、電通をバックに撮った、

最後の1枚です。

 

パワハラに苦しみ、過労・ストレスで

押し潰されそうな毎日を

脱する覚悟を決めた時ですから、

とても思い出深い・・・。

 

この8年で、私の人生は激変しました。

 

これから、多くの方の人生を

より健康的で豊なものに変えられるよう、

未来に大いなる希望を持って、歩んでいきます。

 

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

http://fujisawa-ryo.com/rp_b

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

CAPTCHA


トラックバックURL: